HSPポータル
サイトマップ お問い合わせ


HSPTV!掲示板


未解決 解決 停止 削除要請

2023
0128
窓月らら自作アプリ・開発ツール等宣伝スレ37解決


窓月らら

リンク

2023/1/28(Sat) 20:36:10|NO.99037

立てます。
題名の通りです。どんどん宣伝しちゃってください。
また、こんな情報やツールがあったよという報告も歓迎です。

タイトル
動作環境(対応するHSPのバージョン, OS等)
簡単な説明
入手先

などを書いちゃってください♪

うちから!
Androidアプリ配信しています。HSP3Dishで作成されてます。
https://play.google.com/store/apps/developer?id=Miecat+Soft

↓↓↓ ではどうぞ ↓↓↓



この記事に返信する


nennneko5787

リンク

2023/1/30(Mon) 18:20:06|NO.99039




窓月らら

リンク

2023/1/30(Mon) 18:50:45|NO.99042

CoinFZ for Android 1.5.2 配信開始されました。
ザイフ取引所の仮想通貨価格等を表示します。
HSP3Dishで開発してますが、現時点のターゲットはAPI-31です。
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.miecat.coinfz



きせん

リンク

2023/1/30(Mon) 20:16:52|NO.99043

カードで戦ゲーム
未完成だけどこそっと公開してます。
ゲーム名すら仮称ですけど。

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.momokka.ikusa



窓月らら

リンク

2023/1/30(Mon) 21:03:34|NO.99044

きせんさん>

SHV39(Android 9)で戦(仮)をインストールしてみましたが、起動直後に何の画面も出ずに落ちてしまいます。



きせん

リンク

2023/1/30(Mon) 21:40:26|NO.99045

起動できないとは(笑)
すこし古いので試してみます。



きせん

リンク

2023/1/30(Mon) 21:48:09|NO.99046

前のAndroidだと大きめの画像を
読み込むと落ちることがあった気がしましたが、
Android9あたりでも落ちてしまうのかな?
前のAndroidひっぱりだして充電して検証してみます。



GENKI

リンク

2023/1/30(Mon) 22:29:33|NO.99048

お言葉に甘えて…スマホ用じゃないんですが。

作ったゲームとツールとモジュールのまとめページ
https://mclab.uunyan.com/dl.htm
全てWindows用。ゲーム15、ツール19、モジュール24ぐらい。さすがに古いのは、もう動かないものもあるかもしれません。
数が多いのでおすすめなのを一部だけ紹介。

・ぜんぶ食べないと出られない部屋 他
受賞作とかそうでない作品とか。

・PAD設定さん
ゲームパッドのキーコンフィグ実装モジュールとツール。

・PixelA メーカー
半透明PNGをgmode 7用に加工。

・TAKOMASS
ストップモーション・アニメーションを作成するためのツール。

・TOY-CAKE!
たゆんたゆん。

・d2cモジュール
2Dの衝突判定

・修正ユリウス日換算モジュール
日付計算

・ツイートモジュール
ツイートボタンを実装

・mod_Tayunモジュール
たゆんたゆん



窓月らら

リンク

2023/1/31(Tue) 17:36:13|NO.99051

きせんさんのアプリはインストール失敗していただけみたいです。
こんなこともあるんですね、、お騒がせしました。



雪月夜

リンク

2023/2/2(Thu) 21:01:28|NO.99071

以下のスレッドで公開したプログラミング学習ツールを更新しました。
https://hsp.tv/play/pforum.php?mode=pastwch&num=97691

ダウンロードリンク
https://ux.getuploader.com/yukidukiyo/download/4

実装したい機能はほぼ実装できたので、ひとまずはこれで更新終了です。



buhio

リンク

2023/2/3(Fri) 12:52:38|NO.99072

しばらく本業のため、触れないので、ほんのβ版ですが公開します。
HSPでモーションエディタができないかという試みですが、ご意見いただければ幸いです🐽
どうぞよろしくお願いいたします。現状バグだらけです。ごめんね

https://sites.google.com/view/buhio/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0#h.enlfvn7hggnb



窓月らら

リンク

2023/2/5(Sun) 05:24:20|NO.99075

うちのHSP3ページです。
https://miecat.com/hsp/



窓月らら

リンク

2023/5/3(Wed) 14:22:25|NO.99375

CoinFZ for Android 1.7.0 リリースしました。
新規上場銘柄に対応。
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.miecat.coinfz



雪月夜

リンク

2023/8/21(Mon) 07:34:28|NO.99955

bmp画像に特化させたpicload拡張モジュールです。
一言で拡張子がbmpのファイルと言ってもいろんな形式があり、中にはHSPでは読み込めないbmp画像もあります。
このモジュールを使えば、ほぼ全てのbmp画像を表示させることが可能です。

#module #deffunc bmppicload str m_filepath actwid=ginfo(3) filepath=m_filepath exist filepath tstrsize=strsize sdim dt,tstrsize bload filepath,dt id=0 chk=wpeek(dt,id):id+=2 bitmapflg=0 if chk=19778{ ;bmp paletteflg=0 bitfieldflg=0 dim colmask,4 dim maskshiftnum,4 dim maskshiftdir,4 mref bmscr,67 screentype=bmscr(17) id+=8 offset=lpeek(dt,id):id+=4 headsize=lpeek(dt,id):id+=4 if headsize>=40{ ;BITMAPINFOHEADER picwidth=lpeek(dt,id):id+=4 picheight=lpeek(dt,id):id+=4 id+=2 pixelbitnum=wpeek(dt,id):id+=2 if pixelbitnum<=8{ paletteflg=1 } compressiontype=lpeek(dt,id):id+=4 id+=12 colidnum=lpeek(dt,id):id+=4 id+=4 } if headsize>=52{ ;BITMAPV3INFOHEADER(V2ヘッダ) bitfieldflg=1 masknum=3 repeat 3:ctid=2-cnt colmask(ctid)=lpeek(dt,id):id+=4 tcolmask=colmask(ctid) repeat 32 if tcolmask>=256{ ;右シフト tcolmask>>1 }else:if (tcolmask&128)=0{ ;左シフト tcolmask<<1 maskshiftdir(ctid)=1 }else{ break } maskshiftnum(ctid)++ loop loop } if headsize>=56{ ;BITMAPV3INFOHEADER(V3ヘッダ) masknum=4 ctid=3 colmask(ctid)=lpeek(dt,id):id+=4 tcolmask=colmask(ctid) repeat 32 if tcolmask>=256{ ;右シフト tcolmask>>1 }else:if (tcolmask&128)=0{ ;左シフト tcolmask<<1 maskshiftdir(ctid)=1 }else{ break } maskshiftnum(ctid)++ loop } if headsize>=108{ ;BITMAPV4HEADER id+=52 } if headsize>=124{ ;BITMAPV5HEADER id+=16 } if compressiontype=3&(headsize!=52&headsize!=56&headsize!=124){ ;圧縮(ビットフィールド) if masknum<3{ masknum=3 } bitfieldflg=1 repeat 3:ctid=2-cnt maskshiftnum(ctid)=0 colmask(ctid)=lpeek(dt,id):id+=4 tcolmask=colmask(ctid) repeat 32 if tcolmask>=256{ ;右シフト tcolmask>>1 }else:if (tcolmask&128)=0{ ;左シフト tcolmask<<1 maskshiftdir(ctid)=1 }else{ break } maskshiftnum(ctid)++ loop loop } if paletteflg{ ;カラーパレット if screentype=1{ buffer actwid,picwidth,picheight,screen_palette }else:if screentype=2{ screen actwid,picwidth,picheight,screen_palette }else:if screentype=3{ bgscr actwid,picwidth,picheight,screen_palette } palcolnum=int(powf(2,pixelbitnum)) repeat palcolnum b=peek(dt,id):id++ g=peek(dt,id):id++ r=peek(dt,id):id++ id++ palette cnt,r,g,b,0 loop palette -1,,,,1 }else{ ;フルカラー if screentype=1{ buffer actwid,picwidth,picheight }else:if screentype=2{ screen actwid,picwidth,picheight }else:if screentype=3{ bgscr actwid,picwidth,picheight } } if compressiontype=1|compressiontype=2{ ;圧縮形式(RLE) rledtsize=tstrsize-id sdim rlesizedt,1024 rlesizeid=0 waru=8/pixelbitnum repeat if id>=tstrsize:break num=peek(dt,id):id++ chkbyte=peek(dt,id):id++ repeat num/waru if rlesizeid>=varsize(rlesizedt){ memexpand rlesizedt,varsize(rlesizedt)+1024 } memcpy rlesizedt,chkbyte,1,rlesizeid,0 rlesizeid++ loop loop imagedtsize=rlesizeid sdim imagedt,imagedtsize memcpy imagedt,rlesizedt,imagedtsize,0,0 }else{ imagedtsize=tstrsize-id sdim imagedt,imagedtsize memcpy imagedt,dt,imagedtsize,0,id } id=0 mref vram,66 if paletteflg{ ;パレットカラー setbitlen=picwidth/4*4 if picwidth\4!=0{ setbitlen+4 } getstwid=0 picwbitlen=picwidth*pixelbitnum getwbitlen=picwbitlen/32*32 if picwbitlen\32!=0{ getwbitlen+32 } bitmask=palcolnum-1 lineid=0 setid=0 repeat if id>=imagedtsize:break if getstwid<picwbitlen{ getlbyte=peek(imagedt,id):id++ repeat 8/pixelbitnum:ctid=cnt if getstwid+ctid>=picwbitlen{ break } palid=(getlbyte>>(8-((ctid+1)*pixelbitnum)))&bitmask poke vram,setid,palid setid++ loop }else{ id++ } getstwid+=8 if getstwid>=getwbitlen{ lineid++ setid=setbitlen*lineid getstwid=0 } loop bitmapflg=1 }else{ ;フルカラー setbitlen=vramfxbitlenset(picwidth) lineid=0 setid=0 dim coldt,masknum colbytenum=pixelbitnum/8 if bitfieldflg{ ;ビットフィールド有 chkbyte=0 repeat if id>=imagedtsize:break memcpy chkbyte,imagedt,colbytenum,0,id id+=colbytenum repeat masknum coldt(cnt)=chkbyte&colmask(cnt) if maskshiftdir(cnt){ coldt(cnt)<<maskshiftnum(cnt) }else{ coldt(cnt)>>maskshiftnum(cnt) } loop if setid+3>setbitlen*(lineid+1){ lineid++ setid=setbitlen*lineid } repeat 3 poke vram,setid,coldt(cnt):setid++ loop loop }else{ ;ビットフィールド無 repeat if id>=imagedtsize:break repeat colbytenum if cnt<3{ coldt(cnt)=peek(imagedt,id):id++ }else{ id++ } loop if setid+3>setbitlen*(lineid+1){ lineid++ setid=setbitlen*lineid } repeat 3 poke vram,setid,coldt(cnt):setid++ loop loop } bitmapflg=1 } } if bitmapflg=0{ picload filepath } return #defcfunc vramfxbitlenset int m_gw if (m_gw*3)\4!=0{ ix=4-((m_gw*3)\4) }else{ ix=0 } return 3*(m_gw+fx)+ix #global ;使い方 buffer 1 bmppicload "画像パス" gsel 0 pos 0,0 gcopy 1,,,ginfo(12),ginfo(13)



窓月らら

リンク

2023/8/22(Tue) 00:34:24|NO.99958

最新のHSP3.7b6 の HSP3Dish(Android) を使い、API-33に対応しました。
今回より、aabでの登録にやっと切り替えられました。
apkは各端末に合わせてGoogleが生成・署名し配信されています。
https://play.google.com/store/apps/developer?id=Miecat+Soft



ABATBeliever

リンク

2023/9/1(Fri) 22:47:22|NO.100014

InternetStroller Memoria
半自作ブラウザです
gooのコード(1)とOS標準のWebView(2)を使っているので完全な自作ではありませんが...
1:https://blog.goo.ne.jp/hiro239415/e/5041aec497e02427c2b123aef07977e3
2:https://www.nuget.org/packages/Microsoft.Web.WebView2
(作者さんには許可もらってます、Microsoftの規約にも従ってます)

Windows10以降ではWebView2で、それ以前(XP〜8.1)ではTridentを用います
一応タブブラウザで、510KBです
ダウンロードはhttps://abatbeliever.github.io/InternetStroller/



しまくろねこ(本物)

リンク

2023/9/19(Tue) 21:50:16|NO.100055

一度書き込みましたが、今日やっと登録作品が反映されましたので再度書き込ませていただきます。

Google Play StoreとHSPプログラムコンテスト2023に作品登録しました。

タイトルは「PIYOKO SURVIVAL」です。
操作方法は基本的にマウス1つで行えますが、マウス+キーボードを推奨します。

まずは、ステージクリアアドバイス動画でどんなゲームか見てみてください。
https://youtu.be/ik3rSHbHC9Y

次に作品紹介動画です。
https://youtu.be/qU4biI4z-wY

HSPプログラムコンテストの登録したURLです。
https://dev.onionsoft.net/seed/info.ax?id=2357

最後はGoogle Play Storeの当作品のURLです。
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.simakuroneko.piyoko_survival

お時間のある時に是非遊んでやってください。
それでは宜しくお願いいたします。



Miyabi

リンク

2023/10/3(Tue) 21:43:36|NO.100121

もう古くなりましたがよろしくお願いいたします。

たまねこ
-3つ以上つなげて消す簡単パズルにゃん-
Androidゲーム
https://onl.sc/29SxRRm



窓月らら

リンク

2023/12/5(Tue) 17:43:52|NO.100745

ずんだまめ android版配信開始されました。正式リリースになります。
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.miecat.zundamame

ちなみに今回は久々の新規アプリ登録になりますが、
12/3に一通り登録(11項目もあった)して只今審査が通ったので、
およそ2〜3日というところでした。



ゆっくりXP

リンク

2023/12/7(Thu) 16:51:12|NO.100765

Windows 11で角丸ウィンドウを四角にするソフト SQUARING CORNER
対応OS Windows 11以降(Windows 10以下のOSは使用不可)
https://dev.onionsoft.net/seed/info.ax?id=2373

窓の杜にも紹介されていて、フリーソフト100でも公開されています。
https://forest.watch.impress.co.jp/docs/review/1541115.html
https://freesoft-100.com/review/squaring-corner.html



nyorotan

リンク

2023/12/20(Wed) 22:33:48|NO.100894

ルビ振り支援ソフト ルビふりゃ〜
https://dev.onionsoft.net/seed/info.ax?id=2395

Vectorのソフトライブラリに登録&公開を始めました。
https://www.vector.co.jp/soft/winnt/writing/se526139.html

興味のある方、使ってみてください。
よろしくお願い致します。



窓月らら

リンク

2023/12/21(Thu) 19:45:46|NO.100899

スレが上がってきたから便乗するのだ。

GooglePlay で「ずんだもん」「ずんだもん ゲーム」「ずんだもんのゲーム」
で検索すると「ずんだまめ」が上位に出てくるようになったのだ。
1番目表示になったのだ! (お金払ったわけではないのだ)



窓月らら

リンク

2024/2/21(Wed) 18:21:01|NO.101273

プロセス間共有メモリモジュール 1.0 公開しました。
https://miecat.com/hsp/index.html

異なるプロセス(exe)間で共有できる変数(メモリマップトファイル)なのだ。
詳しいことはサンプルを見るのだ。



ぺす

リンク

2024/2/24(Sat) 17:01:28|NO.101300

HSPスクリプトエディタ『Le.Antilla』



しまくろねこ(本物)

リンク

2024/2/24(Sat) 22:50:38|NO.101301

Le.Antilla使いやすかったのですが作者様のHPが消滅しており、更新の可能性がほぼ無いため、「HSPスクリプトエディタ Powered by sakura」を推奨します。



Y_repeat

リンク

2024/2/28(Wed) 22:37:48|NO.101328

hspcを使った簡単なバッチファイルです。error情報を表示します
サクラエディタでコンパイルする時に、error情報が出なくて困ったので
hspcのPATHはhspcのある場所を指定して下さい

C:/hsp36/hspc.exe lint --watch "%~1" PAUSE



Y_repeat

リンク

2024/2/28(Wed) 22:41:37|NO.101329

サクラエディタのマクロです
https://qiita.com/mm_mario/items/2c091aaddf23f52a5fb7
を参考に編集しましたw
hspcのPATHは修正して下さい

//HSP error診断 [F] //[hspc.exe]のパス var hspcpath = "C:/hsp36/hspc.exe"; //無題かどうか判断 if( ExpandParameter("$f") == "(無題)" ) { //コンパイルするファイルのパスを取得 var filepath = ExpandParameter("$S").replace("sakura.exe","tmp.hsp"); //名前を付けて保存 FileSaveAs(filepass,99,0); //[hspc.exe]に処理を受け渡す ExecCommand(""+hspcpath+" "+"lint --watch"+" "+filepath,1,true); } else { //コンパイルするファイルのパスを取得 var filepath = ExpandParameter("$F"); //上書き保存 FileSave(); //[hspc.exe]に処理を受け渡す ExecCommand(""+hspcpath+" "+"lint --watch"+" "+filepath,1,true); }



Y_repeat

リンク

2024/2/28(Wed) 22:45:00|NO.101330

>>101328
削除パスワードがわからなくw補足です

このファイルの拡張子を.batとして保存しファイルをドラッグアンドドロップして下さい



窓月らら

リンク

2024/3/1(Fri) 05:21:59|NO.101349

開発中の自作音源 MI392DRV の動画を初公開するのだ。
HSPスクリプトエディタでMMLを書いて即演奏できます。演奏だけではなくてこれは開発ツールでもあります。音楽と効果音の実装をこれだけでやれるようにする予定で、データサイズはファミコンレベルで小さくなります。だいたい1曲1KB以下で演奏可。mp3/wavなどが不要になるということです。
つべならばJASRAC管理曲のカバーを合法的に配信できるので、今後開発中デモを追加していきます。聴いてねー♪
https://youtu.be/5rh2myPj7Mo



窓月らら

リンク

2024/3/1(Fri) 14:08:41|NO.101350

開発中自作音源 MI392DRV によるテスト演奏
ドラゴンクエスト靴茲蝓岾后疎次舛曚海蕁船團薀潺奪鼻
https://youtu.be/dcCOLeqTKTM

音源はC++などで書いてるわけではなくて、HSP3で開発しています。
上記動画の音声をよく聴くとたまにノイズがありますが、aacエンコーダーのせいなのだ。
少しずつ研究してみるのだ・・・



窓月らら

リンク

2024/3/11(Mon) 16:06:02|NO.101406

MI392DRV のテスト演奏追加。
パイプオルガンの音を波形メモリの2ch波形を使用して演奏してみたものです。
OBS Studio に慣れていなくて前回までは aac 160kbps でエンコードしていたので
音質の劣化がありましたが、今回から音声は FLAC でアップしています。

開発中自作音源 MI392DRV によるテスト演奏 - アクトレイザーより「天空城」
https://youtu.be/Azc9jvOQP34

高域発音テスト
https://youtu.be/OhJLfRkZWrM



窓月らら

リンク

2024/3/13(Wed) 01:41:48|NO.101411

MI392DRV テスト演奏。
開発中自作音源 MI392DRV によるテスト演奏 - ジングルベル(試作)
https://youtu.be/0-FRAN9P-yA

チャンネル登録もよろしくね!!♪

久々に?開発再開というところですが、MI392DRV は現在入力波形から高域用波形を自動生成する部分を実装しようかなってところです。
この音源の音階は、DirectSoundのアレをそのまま利用している都合上、100〜100000Hzの範囲でしか指定できません。
この仕様により、波形そのものを加工してやらないとより高音を出すことができないので、入力波形から1/2 1/4などのサンプル数の波形を作る必要がございます。当初はそういう波形を外部ツールで作って波形ファイル化すれぱいいかなと思っていたのですが、プログラム側で自動生成することにしました。



きせん

リンク

2024/3/16(Sat) 20:54:58|NO.101417

スレ違いですが、
MIAさんのHSP DirectSound Extensionの機能具合いいと思うんですけど、HSP3でも使っている方はいるのかな?

MI392DRVすごいですね。ドラクエのもすごいですが、アクトレイザーから「天空城」をチョイスしたのも(笑
そっくりです。



窓月らら

リンク

2024/3/17(Sun) 16:37:33|NO.101419

>きせんさん
聴いて頂きありがとうございます♪

HSP DirectSound Extension しらなかったのでベクターから落として説明書などを読んだのですが
これは DirectSound そのままのやつですね。基本やってる内容は DirectSound との橋渡しです。
タイムスタンプを見たら 1999年でしたが、この当時は私も VB で似たようなことをしておりました・・・

で、HSP DirectSound Extension のこの内容であれば現在のHSP3であればほぼ同じことが可能ですから、あまりいまから使う意味は無いかもしれません。

なお、MI392DRV ですがこれは Sinagawa氏作の CWSDRV.DLL を利用させて頂いております。
このDLL自体にもMIDIファイル(SMF)を再生する機能がありますが、これは利用せず
DirectSound 操作系の機能だけを利用させて頂いております。目的にピッタリだったので。
演奏ルーチンなどは自前で書いて、演奏データもSMFではなくて独自の形式です。

CWSDRV 最初に知ったときにはこれで MML を解釈するだけでいけるか!?
…と思ったのですが、エンベロープの指定など不明な点も多く、一部説明書と異なるバグ?もあり
作者様にも連絡とったのですが長年無反応な様子なので、自分で全部書くことにしました。
CWSDRV はたぶんコントロールチェンジを独自拡張したんだろうなーとは思いましたが、
その解説が見当たらない上に、そもそもこれを使うにはMIDIの知識が必要です。
多くの人にとってハードル高いんじゃないかと思ったのです。
そこで、もっと手軽にできるような MI392DRV というシステムを開発しています。
昔の8bitパソコンにあったような PLAY文 並に手軽でかつ高機能なのを目指しています。

DirectSound の周波数変更(再生速度変更)がHSP3標準の hspogg あたりであればそれでも良かったんですがね。無いんですよねー。(過去に要望は出してありますが)
周波数変更は DirectSound の機能としてあるんで、それを呼ぶだけなんですが・・・



きせん

リンク

2024/3/17(Sun) 20:00:37|NO.101420

HSP DirectSound Extensiondだと、定位というかパンというか、
音の遠近などや右左などの調整ができたので重宝していたのですが、
HSPは進化していますから、新しいサンプルなどで、
できることのアップデートは必要ですね。

PLAY文懐かしいですね。もっぱらHSPですが、
そのまえにはMSXベーシックでPLAY文やってました。
展覧会の絵うちこんだり。

うちこむのがしんどいので(致命的)
音楽や音はもっぱらフリー素材です



窓月らら

リンク

2024/3/17(Sun) 20:39:13|NO.101421

きせんさんもMSXユーザーでしたか。
あの環境のPLAY文は手軽だった一方でいろいろ制限も大きかったので
最終的には MGSDRV とか OPLL-DRIVER とかで鳴らしていました。
特に後者はららこさん的にお気に入りだったので、
MI392DRV の大元の参考は OPLL-DRIVER かもしれません。
処理の基本的な考え方も一緒で、まずは専用のバイナリ形式に変換した後に演奏。
変換したバイナリデータは自分のソフトに組み込んで利用できます。OPLL-DRIVER と同じ。

後にMIDIもかなりやりましたが、これは楽器間の通信規格であって
音源などの環境を一致させないと他人様の環境では完全再現ができません。
(MIDIショボいと思われる原因のひとつがこれだと思うのです。)
そこで、すべてをソフト的にワンパッケージ化して、どんな環境でも
再現できるシステムがほしいと思ったわけです。
こういうのが欲しかったのは私自身なのですが、結局自分で納得するものは
自分で作るしかないという結論に至りました。
mucom88 でもよかったのですが、良くも悪くも PC-88 のFM音源なのと
複数の方の権利が絡んでる様子だったこともあり作ろうと思うに至りました。

余談ですが、元々は2000年くらいの頃に同じ手法で音源を作れないかテストしたのですが、
当時はマシンスペック的に無理があり、BGM用としては重いと判断してやめたのです。
技術的にはその当時思い描いていたものの焼き直しですが、やっと実現できそうです。

フリー素材でもいいのですが、やっぱり完全オリジナルを主張するには
音源とか音楽とか効果音とかもちゃんと作りたいなと思ったわけです。



きせん

リンク

2024/3/19(Tue) 23:38:20|NO.101427

>窓月ららさん
MIDIははまりませんでしたね。やってる手間のわりに音が悲しかったり、
やってる手段は正しい筈なのに思った結果にならなかったり。変換したりもしていましたが、
やはり好きな人がフリーでだしている物はいいですね。

それでも編集可なら、短くしたりはしています。

PC88は触らずに、PC98に行きました。
私の場合は音楽より、書く方でしたのでDRAW命令で書いてましたが、
音楽もそうですが、むかしは根気があったと思います。



窓月らら

リンク

2024/4/20(Sat) 17:30:32|NO.101576

MI392DRV の現時点のテストデモを再生リストにしましたー。
後日このリストに追加されていく予定です。
そろそろ音源部のプロセスを分離するのだ・・・
MI392DRV テスト演奏集 (開発中)
https://www.youtube.com/watch?v=ldf3uBxX_IM&list=PLfc9csZsswuF6kZD8c66RLaLZBDnL8PTj

>きせんさん

MIDIは音源環境によって操作方法も微妙に違ったり結構大変でした。
エクスクルーシブとかまるっきし機械語じゃないですかー。(ややこしい)
結局自分のところで演奏できても他人様のところで同じ環境を用意できないと再現できませんからね・・・

うちのところでは PC-9801FA/U2 とか /U7 とか今でも所持しているのですが
MSXのデータ管理用に使ってました。N88-BASIC はちょっとやったかな・・・



記事削除

記事NO.パスワード
(質問が解決したスレッドは他の利用者に活用してもらうため、削除しないようお願いします)

NO.99037への返信

マスコット

好きなマスコットを選んでください。

名前

e-mail
HOME
  1. 初めて利用する方は、HSP3掲示板の使い方をお読みください。
  2. 不要部分の多い長いスクリプトの投稿は ご遠慮ください。
  3. 書き込みは自動改行されません。適度に改行を入れてください。
  4. スクリプトは小文字の<pre>〜</pre>で囲むと見やすく表示できます。

削除用パスワード

エラー発生時、再送信すると二重送信になることがあります。
回答が得られたら、お礼書き込み時に[解決]チェックしてください。
SPAM防止のためURLから始まる文章は投稿できません。
SPAM防止のため英文字のみの本文を投稿することはできません。

ONION software Copyright 1997-2023(c) All rights reserved.