HSPポータル
サイトマップ お問い合わせ


HSPTV!掲示板


未解決 解決 停止 削除要請

2023
0116
しまくろねこ(本物)HSP3.7に向けたβテストについてのお願い(続)22解決


しまくろねこ(本物)

リンク

2023/1/16(Mon) 07:38:22|NO.98986

荒らしによって記事が過去ログに行ってしまったので書き込みました。

HSP3.7に向けたβテストについてのお願い(続)
http://hsp.tv/play/pforum.php?mode=all&num=97105



この記事に返信する


zrs90(5さい)

リンク

2023/1/16(Mon) 18:05:01|NO.98990




youdai

リンク

2023/1/17(Tue) 09:57:24|NO.98996

「HSP3.7に向けたβテストについてのお願い(続)」については、閲覧者や投稿者がどこを本スレッドとして捉えていいか混乱しますので、管理人のおにたまさんが新規にスレッドを建てるのを待つべきではないでしょうか?
このスレッドはその新規に建てられるものの一時的な代理として利用するのがいいと思います。



zrs90(5さい)

リンク

2023/1/17(Tue) 10:52:00|NO.98997

おっしゃっている通り、とりあえず過去スレッドへ行ってしまった
β版の閲覧用のスレッドとして、使った方が正解のようですね
おにたまさん の対応を待つことにします

混乱を避ける為、#98994 の記事は削除して置きます
ご指摘ありがとうございます



おにたま(管理人)

リンク

2023/1/18(Wed) 10:46:55|NO.99002

スレッドの作成ありがとうございます。また、色々お気遣い感謝致します。
取り急ぎ、HSP3.7β4までの話題としてこちらのスレッドを使用したいと思います。
色々頂いている不具合などの修正を含めてHSP3.7β5が公開できた段階で新しくスレッドを作成したいと考えています。

当面の課題として、以前のスレッドでDripさんが提起されていた「#pack」「#epack」でフォルダ階層を使用した際にHSP3.6とソースの互換が取れなくなる問題(HSP3.6では階層が存在しないので、その前提でスクリプトが作成されている)についてご意見あれば伺いたいと思っています。
HSP3.7β4までの仕様と変わってしまいますが、「#pack」「#epack」の機能はHSP3.6と同様に動作する仕様として残し、「#packdir」「#epackdir」などフォルダ階層が有効となる記述を新しく用意する方向で検討しています。
http://hsp.tv/play/pforum.php?mode=pastwch&num=97105#97477
問題や懸念などあればお知らせください。
引き続きよろしくお願いいたします。



youdai

リンク

2023/1/18(Wed) 12:39:38|NO.99003

>HSP3.7β4までの仕様と変わってしまいますが、「#pack」「#epack」の機能はHSP3.6と同様に動作する仕様として残し、「#packdir」「#epackdir」などフォルダ階層が有効となる記述を新しく用意する方向で検討しています。

整理すると#pack、#epackがHSP3.6以前仕様で、#packdir、#epackdirがHSP3.7β4仕様になるということでしょうか?
それでもいいですが、こういうのはどうでしょうか? 例えば、

#packtype 36

と指定すると、#packと#epackの仕様が3.6以前になって、

#packtype 37

と指定すると#packと#epackの仕様が3.7β4仕様になる、というようなものです。
これなら、3.7β4仕様のpack系であっても、スクリプトは最小限の変更で済むと思います。



zrs90(5さい)

リンク

2023/1/18(Wed) 20:10:05|NO.99006

こちらが、3.7β4 のスレッドの続きになったよう
なので...先日、投稿削除した物を加筆して
再投稿しました。

#97689
雪月夜さん

mkexe.hsp を、.exe化した物ですが、hsed3.exe や
hspat.exe の入っているフォルダへ移動→起動すると
hspのサンプルフォルダにあるスクリプトは
.exe化 出来るようです

(※hsp3フォルダ外のスクリプトは、当exeファイル
、ランタイム、.dll の移動等、色々やって見ましたが
私ではダメでした。utf-8 関係はテストしてません)


mkexe.hspを、hspファイルとして実行した場合
変換したいソースも含めて、恐らくスクリプトエディタを
介して自動的(勝手?)に必要なランタイムや、.dll等に
つないで、実行、.exe化してくれますが

mkexe.hsp を.exe化した場合、↑が自動的(勝手?)で
なくなる為、そう言った関係性が切れてしまい
エラーになっていると思われます

このプログラム自体、hspsdk 内のhspat.exe
(hspアシスタント)等と同類であり、使用する場合は
フォルダ、場所を限定されるサンプルでは?


●追記 (※こちらは、おにたまさん への要望になります)

当サンプルのコメントに、使い方の説明が欲しい事と
サンプル側の .exe ファイル化時のファイル名が
mkpack.exe になっている点
(※miscフォルダ内のmkpack.hsp で同一名の
.exeファイルが生成される為、別ファイル名になる様に
あらかじめ、サンプルを修正して頂きたいです)



雪月夜

リンク

2023/1/18(Wed) 22:31:53|NO.99009

>NO.99006
zrs90(5さい)さん、検証ありがとうございます。

とりあえずこちらも分かった範囲で報告します。
mkexeを実行ファイルにした場合(以下mkexe.exe)、同じディレクトリ内に
「hspcmp.dll」と「hsprt」が必要みたいです。
仮にmkexe.exeで任意のソースファイル、例えば「sample\winobj.hsp」を変換する場合、
winobj.hspは「hsp3util.as」と「obj.as」をインクルードしているので、これらのファイルを
winobj.hspと同じディレクトリに配置する必要があります。

つまり以下のような配置です

実行ファイルがあるフォルダ内
 mkexe.exe
 hspcmp.dll
 hsprt

変換対象のソースがあるフォルダ内
 winobj.hsp
 hsp3util.as
 obj.as

こうすることでmkexe.exeから対象の実行ファイルを作成することが出来ました。

しかし作成されたファイルを実行すると

#Error 7 -->内部エラーが発生しました(7)
というエラーが出ます。
どうやらwinobj.hsp内の

progbar_set id,1
の部分が、実行ファイル化すると正常に処理されなくなっているようです。



zrs90(5さい)

リンク

2023/1/19(Thu) 01:38:37|NO.99010

雪月夜 さんからヒントを頂いたおかげで
一応、hsp3フォルダ外での動作可能な
サンプルソースの.exe化に成功しました
(※無駄なファイルがあるかも知れませんが)

●winobj.hsp をコンパイルする場合
全て同一フォルダ内でokでした

winobj.hsp

mkpack.exe(※mkexe.exe)
hspcmp.dll
hsprt ←

hspdef.as ←
hsp3.exe ←

hsp3util.as
obj.as

の8個のファイルが必要です。コンパイルが終わったら
そのまま動かせます


●追記

たまたま、hsprt をHDL から調べたら
プログラミングマニュアル 2.2 スクリプトの編集と実行
に行き当たりました。スクリプトエディタと、デバッグ
モジュールを除いて、後は必要そうだなと判断出来ました
↑は雪月夜 さんの今回の投稿がヒントになりました。
ありがとうございました

hspdef.as はエディタからのスクリプト実行時に
読みこまれていて、エラーの際
時々、デバッグウィンドウに表示
されていたので追加しました

(※hgimg4の場合はフォルダ構造と中で使用している
ファイルが特殊な為、ちょっと出来るか分かりません)

この作業を動作するソース、1ファイル毎にやるのは
流石に考え物です。特別な事情がない限り
私が#99006で、使った方法を使った方が楽だと
思います



雪月夜

リンク

2023/1/19(Thu) 11:01:02|NO.99013

zrs90(5さい)さんから頂いた情報を加味し、整理しました。

実行ファイルがあるフォルダ内
 mkexe.exe ※実行ファイル
 hspcmp.dll ※必須
 hsprt ※必須

変換対象のソースがあるフォルダ内
 winobj.hsp ※変換対象ファイル
 hspdef.as ※必須
 hsp3util.as ※変換対象ファイルでインクルードしているため必要
 obj.as ※変換対象ファイルでインクルードしているため必要

※「hsp3util.as」と「obj.as」はインクルードしてなければ不必要

これでひとまず変換対象を実行ファイル化して動かせるようです。
zrs90(5さい)さん、ありがとございます。

>この作業を動作するソース、1ファイル毎にやるのは流石に考え物です。

私も同感です。というか実行ファイル化した際「hsprt」等が必要というのは、ほとんどの人が
気づいていなかったのではないでしょうか?

手軽に簡単に実行できるのがHSPの強みだと思うので、
この件については何らかの対応をしていただきたいところです。



Drip

リンク

2023/1/23(Mon) 03:03:03|NO.99023

おにたまさん

こんにちは。厚いご配慮を賜り大変有り難く思います。
以前のスレッドにてご提案くださった何らかのフラグを用意して#pack命令の動作を新・旧切り替える方法では動作の把握が複雑に感じますし、今回おにたまさんご提案の命令新設案に個人的には賛成です。
命令が分けられていることで、今後#packdir命令に問題が出た場合、#pack命令と分けて問題を対処できるのもメリットだと思います。
…ちなみになんですが、HSP3.6でもHSP3.7b4のようにパスを有効にした記述がやりようによっては可能ではあったので、究極は3.6仕様維持(ファイル名の長さのみ改善)という解決方法もあったのかなとは思っていました。この件に関してはまた後ほどご連絡させていただくかもしれません。


ところでrun命令を実行すると仕様に反しHSPのウィンドウが一旦破棄されそのままクラッシュするのはまだ報告されていなかったでしょうか。
ご確認いただければ幸いです。(ちなみに、runを実行する際はbuttonなどのオブジェクトは破棄しておかないと整合性が取れないでしょうか。)
前から少し気になっていたもので…もし私の使い方が間違っていたら申し訳ありません。

//このスクリプトをtest.hspとして保存し、HSPメニューからオブジェクトファイルを作成した上で実行してみてください。 mes "今の秒:"+gettime(6)+"" repeat 10 title "次のrunまであと"+(10-cnt) await 100 loop run "test.ax"



Drip

リンク

2023/1/23(Mon) 03:43:22|NO.99024

Dripです。度々失礼します。

PC1機ではありますが、今ほど↑で報告させていただいたrun命令でクラッシュが再現するHSPの正確なバージョンを調査してみたところ、正式版ではHSP3.51まではrun命令でエラーが確認できませんでした。
クラッシュが再現するバージョンを詳しく調査したところ、HSP3.6beta5以降のHSPからクラッシュが再現するようです。(3.6b4→3.6b5の間にrun命令の動作に悪影響を与える何かがあった?)

またそれ以前の問題として、runの「画面の状態は維持される」という仕様通りには動いていないので、次に仕様通りウィンドウ内容を保持したまま別のaxファイルに処理を飛ばせるHSPのバージョンを探してみました。
遡っていくとHSP3.2、HSP3.1でもrun実行時にウィンドウは初期化されてしまうようです(この頃のHSP3はWindows7以降(?)でプログラムを終了できない不具合があり詳細な検証をほぼ断念気味です^^;)。
更に遡っていくとHSP2.61では仕様通りウィンドウ内容が保持されたままrunが実行できるのを確認しました。

もしかしてHSP3でrun命令は非推奨命令になりつつある感じなんでしょうか…
とりあえず、検証結果でした!



正体不明2

リンク

2023/2/6(Mon) 22:26:07|NO.99081

hsp3dishでoggファイルの再生ができるようにならないでしょうか?
windows上だけでも構いませんのでよろしくお願い致します。



しまくろねこ(本物)

リンク

2023/2/7(Tue) 07:55:50|NO.99082

>正体不明2さん

HSP3Dishでoggファイルは確か対応していたと思いましたが、確認してみました。

https://www.onionsoft.net/hsp/v37/doclib/hsp3dish_ndk.htm#NOTICE
>サウンドは、拡張子が「.wav」「.mp3」「.ogg」「.aac」のファイルに対応しています。 .aacや.oggについては、すべてのフォーマットをサポートしていないので注意してください。

とのことです。



Hda

リンク

2023/2/10(Fri) 20:59:20|NO.99101

おにたまさんへ

3.7βだけではないのですが、hgimg4を使っていて違和感のある挙動に気が付いたのでご報告いたします。

・windows上のinputについて
文字列を入力し、一旦clrobjで消して再度同じ文字列変数でinputを作り直すと、カーソルが見えない(?)ようになります。

・gsquareについて
配列変数p5が、hsp3dishの時と符号が反転している。



zrs90(5さい)

リンク

2023/2/18(Sat) 11:28:36|NO.99111

開発お疲れ様です

\sample\misc\sampview.hsp について

hsp3.7β4pで、廃止になったコンパクト版ランタイム
hsp3c.hrt が、#packopt されています
(#packopt "hsp3c.hrt"をコメントアウトしなくても
コンパイル+実行が可能、ただし、.exe化すると
結果レポートの画面が出て、ランタイムファイル
無しでエラーになります)


3.6 正式版、3.7β4p(※他のβ版は未確認)
sampview.hsp を、コンパイル+実行
リストボックス内のサンプルファイルを選択した直後に
❎でウィンドウを閉じると、APPCRASH が表示されます

.exe化した物も標準エディタと同じ階層のフォルダに
入れてテストしましたがダメでした
(※3.7β4pは、コンパクト版ランタイムが存在しないので
コメントアウトしています)

ただ何故か、3.4、3.5 正式版では上記と同様の事を
行っても問題なく動作します

●動作確認環境
HSP3.4〜3.6 正式版、3.7β4pの混在環境の為
当方の、hsp3の動作が不安定になっている可能性も
あります。

Windows7pro 32ビット
Core i5 -4590 内蔵グラフィック
メモリ4G HDD500G
Microsoft Wired keyboard 600(有線)、4Kモニター環境
標準エディタ(※ネット接続なし)



zrs90(5さい)

リンク

2023/2/24(Fri) 02:58:22|NO.99123

http://hsp.tv/play/pforum.php?mode=all&num=98986#99111

の続きで、応急処置?

sampview.hsp 実行時、左下に終了ボタン が付いており
ここからは、問題なく終了出来る為、雑な考えで
リストボックス(サンプルファイル)選択直後
それ以外のオブジェクトに一度フォーカスか
別ウィンドウに切り替えしてから❎ボタンで終了
すると APPCRASH しなくなりました

(※HSP3.4〜3.5の時は無改造で❎ボタンから終了出来た為
終了ボタンが付いている理由?が分からなかった)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

プログラム的に正解か分かりませんが
私は下記の方法で応急処置しました

●sampview.hsp のソースに
下記を追加/コメントアウトする

*main1 ラベルの下、42行に
onexit *owari を追加
(↑※31行辺りの方が良いのかな?
ちょっと分かんない)

*owari ラベルの下、62行に
objsel 2 を追加

3.7β4p の場合、2行目の
#packopt runtime "hsp3c.hrt"
をコメントアウト


●追記

今回のようなソースは、まれなケースと思いますが
HSP3.6、3.7β4p(※他のβ版は不明)でコンパイルか
exe化した場合、❎でウィンドウを閉じた際
同様に APPCRASH が出る可能性があります



しまくろねこ(本物)

リンク

2023/2/26(Sun) 11:15:28|NO.99129

Dishでの不具合ですが、「gmode 0」のときgmulcolorがAndroid上だと反映されません。
Windows上だと「gmode 0」のときでもgmulcolorが反映されます。



よなぷー

リンク

2023/3/2(Thu) 22:02:05|NO.99150

HSP3.7b4でゲーム作成ツールを作ってます。
それで製作した作品の画像・音楽ファイルをひとつのファイルにまとめるように、プログラムを修正しました。
その巨大なファイルから、目的のそれを切り取って、memfileとして使おうというわけです。
MP3やWMAなど、元から期待してないファイルは、おとなしくファイルを一時生成して、それから鳴らしています(memfileを使わない)。
しかし、大いに期待しているoggファイルをmemfileで鳴らそうとすると、音が鳴らずに不具合が発生してしまいます(まともに終了できなくなる)。
oggファイルも一時生成ファイルにすれば問題は解決なのですが、それだと結局WAVファイル以外は全部一時生成となり、ファイルをコピーされてしまうという屈辱的な問題が残ってしまいます。
まとめると、巨大な集合ファイルからoggファイルを切り出してmemfileで使おうとすると不具合が起きる、ということです。
何とかよろしくお願いします。



しまくろねこ(本物)

リンク

2023/3/10(Fri) 18:16:03|NO.99167

ginfo関数で現在のgmodeのp1=画面コピーモードと、p4=半透明合成時のブレンド率が取得できると大変嬉しいです。
無ければ無いで我慢します。



おにたま(管理人)

リンク

2023/3/10(Fri) 20:06:20|NO.99168

HSP3.7β版へのご報告、要望などありがとうございます。
遅くなりましたが、以前のスレッドの返信などさせて頂きます。

>youdai さん

http://hsp.tv/play/pforum.php?mode=pastwch&num=97105#97482
こちらの件につきまして、
gsel 1のオフスクリーンバッファで、redraw 1は実行していますでしょうか。
描画処理は、フスクリーンバッファであってもredraw 0〜redraw 1の実行が必要となります。

>kuma さん

http://hsp.tv/play/pforum.php?mode=pastwch&num=97105#97514
こちらの件につきまして、
終了時にwaitが使用できないのは確かに不便ではありますね。
ただ、内部ではウインドウを閉じたりシャットダウンが起こったりという不意の動作に対して即時応答する必要があるのも確かなので、もしwaitを含む終了処理を行う場合は、on exit gosubの先で終了のフラグだけを書き換えるような形にして、メインの処理でそのフラグを元に終了処理を開始するような流れを推奨します。
マクロの引数に{"〜"}形式の文字列は確かに動作が不定になっていました。こちらでも確認してみたいと思います。

>ずね さん

http://hsp.tv/play/pforum.php?mode=pastwch&num=97105#97563
こちらの件につきまして、
gsel命令が入ると、redraw 1を実行した時と同様に描画パイプラインが一旦リセットされてしまいます。
なので、gsel命令でウインドウを切り替えた後はredraw 0を入れてから描画命令を記述するようにしてください。
NO.97642についても、ご報告ありがとうございます。次のβ5版で修正させて頂きます。

http://hsp.tv/play/pforum.php?mode=pastwch&num=97105#97647
こちらの件につきまして、
setcls 0の状態でクリアすると正しく初期化されないということですが、どのような状態が想定されているのでしょうか。
setcls 0はそもそもredraw 0実行時に画面クリアを行わないことを設定しています。
基本的に、オフスクリーンはbuffer命令で1回初期化しておいたものを、クリアしながら何度も使用することを想定しています。
こちらでは、提示頂いたサンプルは正常に動作しているように見えます。

>きせん さん

http://hsp.tv/play/pforum.php?mode=pastwch&num=97105#97570
こちらの件につきまして、
ご指摘のように、redraw 0の後に、redraw 0が実行された場合、内部では一旦redraw 1相当の処理(画面の描画更新)が行われます。
厳密に言えば不具合なのですが、これを前提に組まれているスクリプトもあるかもしれないので、修正することが難しいのが現状です。警告を出すようなモードを作る必要はあるかもしれませんね。

>アキアキノヒロロ さん

http://hsp.tv/play/pforum.php?mode=pastwch&num=97105#97574
こちらの件につきまして、
redraw 0とredraw 1については、まったく存在しないと画面更新が行われませんが、どちらか一方でもある程度動作する仕組みになっています。
基本的には、正しく入れることが望ましいです。
gpdrawについては、HGIMG4固有の描画を行うもので、これがなくてもHSP3Dish相当として使用することが可能です。

>Yuzranium さん

http://hsp.tv/play/pforum.php?mode=pastwch&num=97105#97643
こちらの件につきまして、
スクリプトエディタへのご指摘ありがとうございます。検討させて頂きます。

>GENKI さん

http://hsp.tv/play/pforum.php?mode=pastwch&num=97105#97649
http://hsp.tv/play/pforum.php?mode=pastwch&num=97105#97638
こちらの件につきまして、
こちらでも確認致しました、β5版で修正させて頂きます。

>ごちゃ さん

http://hsp.tv/play/pforum.php?mode=pastwch&num=97105#97657
こちらの件につきまして、
ご報告ありがとうございます。対応できる部分から修正させて頂きます。
exeファイルを切り出したものをchdpmで読み込める点も何とかしたいと思います。



おにたま(管理人)

リンク

2023/3/10(Fri) 20:07:28|NO.99169

>雪月夜 さん

ご報告ありがとうございます。
スクリプトファイルの実行ファイル化については、色々なランタイム(hsprt,???.hrtなど)とソースの依存関係などがあり、複雑になっています。
hspcmp.dllと同じフォルダにあるcommon、runtime、hsprtなどは必要になるとお考えください。
hsprtは、もともとHSP2からの名残りで正確にはhsp3.exeの実行ファイル用ランタイム(hsp3.hrtに相当)となっています。
今後、コマンドラインやドキュメントでも補足していきたいと思います。

>Drip さん

run命令については、画面の内容を維持したまま移行するのがHSP3では構造上難しくなっています。
ただ、機能としてはサポートしていますので、クラッシュしてしまうのは不具合と思いますので改善していきたいと考えています。

oggファイルの読み込みでメモリの使用量につきまして、こちらで確認している限りではそこまで増加するケースは見られませんでした。デモで使用しているoot06.oggであっても5MB程度の消費になっています。
β4版のhspoggプラグインはメモリリークが若干あったので、そちらを修正したものをβ5版としてリリース予定ですので、そちらで再度お試しいただければと思います。

hgimg4とhgimg4dxの互換性につきましても、ご報告ありがとうございます。
このあたり、互換レイヤーの問題と思いますが、こちらでも参考にさせて頂きます。

>正体不明2 さん
>しまくろねこ(本物) さん

次にリリースされるβ5版では、HSP3Dishでhspoggプラグインを使用できるよう改善しています。今しばらくお待ちください。
尚、.oggや.aacをサポートしているのは、android(NDK)版でWindowsは標準でサポートしていません。

>Hda さん

ご報告ありがとうございます。
HSP3Dish上のinputについて確認致しました、今後修正させて頂きます。

>zrs90(5さい) さん

\sample\misc\sampview.hsp についてご報告ありがとうございます。
こちらでもクラッシュすることが確認できました。次のβ版で修正したいと思います。
尚、HSPが混在して導入されている環境であっても、それぞれのフォルダにある
スクリプトエディタを使用している限りでは、他のバージョンから影響を受けることはありません。

>よなぷー さん

ご報告ありがとうございます。
hspoggプラグインについては、packfile内から読み込んで使用できるよう修正を行っていきたいと思います。
不自由おかけしますが、今しばらくお待ちください。

>しまくろねこ(本物) さん

gmulcolorの反映についてご報告ありがとうございます。
おそらくHGIMG4ではなくHSP3Dish版のみに起こる不具合かと思います。今後改善していきたいと思います。
現在のコピーモードと半透明合成ブレンド率取得は検討してみたいと思います。
mref命令から取得できなくはないですが、HSP3とHSP3Dishでは動作が異なっているので専用で用意されている方が望ましい気がします。



youdai

リンク

2023/3/10(Fri) 21:29:18|NO.99170

> おにたま さん
>gsel 1のオフスクリーンバッファで、redraw 1は実行していますでしょうか。
>描画処理は、フスクリーンバッファであってもredraw 0〜redraw 1の実行が必要となります。

前年にした報告なので詳細を覚えてないのですが、gsel 1でのgpdrawの直後にredraw 1を省略するパターンと、省略しないパターンを試して、両方ともcelbitmapで正常に取得できないという現象が起きていたと思います。
gsel 1 のredraw 1を省略しているパターンの方の省略する理由ですが、すこしでも処理を早くしようとして、メインのスクリーン以外はredraw 1を意図的に省略する(省略しても動作するから)ことがあります。
ですが、省略した場合でも画面上では正常に描画されていたと思います。
省略したバージョンと、省略しないバージョン共にcelbitmapでその画面に表示されている画面が取得できていない、という感じだったと思います。

当時と今は環境が全然違うので当時の環境は再現できないのですが、celbitmapについては機会がある時に今の環境で調べてみようと思います。



記事削除

記事NO.パスワード
(質問が解決したスレッドは他の利用者に活用してもらうため、削除しないようお願いします)

NO.98986への返信

マスコット

好きなマスコットを選んでください。

名前

e-mail
HOME
  1. 初めて利用する方は、HSP3掲示板の使い方をお読みください。
  2. 不要部分の多い長いスクリプトの投稿は ご遠慮ください。
  3. 書き込みは自動改行されません。適度に改行を入れてください。
  4. スクリプトは小文字の<pre>〜</pre>で囲むと見やすく表示できます。

削除用パスワード

エラー発生時、再送信すると二重送信になることがあります。
回答が得られたら、お礼書き込み時に[解決]チェックしてください。
SPAM防止のためURLから始まる文章は投稿できません。
SPAM防止のため英文字のみの本文を投稿することはできません。

ONION software Copyright 1997-2023(c) All rights reserved.