HSPポータル
サイトマップ お問い合わせ


HSPTV!掲示板


未解決 解決 停止 削除要請

2021
1024
youdaiHGIMG4で指定したXYZ回転ベクトルの向きへ物理挙動で力を加えたい5解決


youdai

リンク

2021/10/24(Sun) 06:54:27|NO.94233

●HGIMG4で指定したXYZ回転ベクトルの向きへgppapplyでGPPAPPLY_FORCEやGPPAPPLY_IMPULSEをしたい

HGIMG4で指定した方向(xyz回転ベクトル)へgppapplyでGPPAPPLY_FORCEやGPPAPPLY_IMPULSEをしたいです。
例えば、カメラの向きと同一方向へオブジェクトを前進させたい、といった風にです。

gppapplyのGPPAPPLY_FORCEはxyzの垂直方向の方向へ力を加えることはできるのですが、
指定したXYZ回転ベクトルの向きへ力を加えるといった命令がありません。

恐らく、xyzへの力の配分の比率と、その力へ掛ける倍率で、
そのXYZ回転ベクトルの向きへ力を加えるということができると思うのですが、その方法がよく分かりません。

恐らく、sin()やcos()、もしくはfv系命令を使って配分を求めるのだと思うのですが、
3次元となるとお手上げ状態になってしまいました。

自分がイメージした概念はこんな感じです。


; camera_main = カメラノード ; camera_collision = 物理挙動が適用された非表示のノード power = 10.0 ; どれだけの力を加えるか getang camera_collision, x, y, z ; camera_collisionのXYZ回転ベクトルと同じ方向へcamera_collisionをpowerの力分で前進させたい gppapply camera_collision, 何らかの処理(x)* power, 何らかの処理(y)* power, 何らかの処理(z)* power ; camera_collisionの位置と回転をカメラノードへセットする getpos camera_collision, x, y, z setpos camera_main, x, y, z getang camera_collision, x, y, z setang camera_main, x, y, z

アドバイスお願い致します。



この記事に返信する


砂時 計

リンク

2021/10/24(Sun) 15:00:22|NO.94235

モデル空間の、あるベクトルを
XYZ回転ベクトルで回転してグローバル座標系での
方向ベクトルを算出するには下記コード中の _rotxyz のようにします。

サンプルコードでは
デフォルメたまねちゃんのモデル空間での正面である(0,0,1)に前進します。

カメラオブジェクトの場合はカメラの正面は(0,0,-1)なので
v に代入するところを変更してください。

また頭上へのベクトルが欲しい場合は(0,1,0)を変換するとよいです。


#include "hgimg4.as" #module #deffunc _rotxyz array _result, array _src, double _rx, double _ry, double _rz, local _cs, local _sn, local _tv2, local _tv3 // _result: 結果を書き出す先の 3要素のdouble配列 // _src: 回転される方向ベクトル 3要素のdouble配列 // _rx, _ry, _rz: getang と一致するオイラー回転 [rad] _cs = cos(_rx) // X回転 _sn = sin(_rx) ddim _tv2, 3 _tv2.0 = _src.0 _tv2.1 = _src.1 * _cs - _src.2 * _sn _tv2.2 = _src.1 * _sn + _src.2 * _cs _cs = cos(_ry) // Y回転 _sn = sin(_ry) ddim _tv3, 3 _tv3.0 = _tv2.0 * _cs + _tv2.2 * _sn _tv3.1 = _tv2.1 _tv3.2 = - _tv2.0 * _sn + _tv2.2 * _cs _cs = cos(_rz) // Z回転 _sn = sin(_rz) _result.0 = _tv3.0 * _cs - _tv3.1 * _sn _result.1 = _tv3.0 * _sn + _tv3.1 * _cs _result.2 = _tv3.2 return #global randomize gpload id, "res/tamane2" setscale id, 0.1, 0.1, 0.1 setangy id, double(rnd(100)) * 0.01 * M_PI, double(rnd(100)) * 0.01 * M_PI, double(rnd(100)) * 0.01 * M_PI gppbind id, 2.0, 1.0 gppset id, GPPSET_GRAVITY, 0.0, -0.001, 0.0 ddim v,3 ddim result, 3 power = 0.2 repeat redraw 0 getang id, rx, ry, rz // // X->Y->Z のオイラーで取得する v.0 = 0.0 // モデル空間での向きベクトル (0, 0, 1) v.1 = 0.0 v.2 = 1.0 _rotxyz result, v, rx, ry, rz gppapply id, GPPAPPLY_IMPULSE, result.0 * power, result.1 * power, result.2 * power gpdraw redraw 1 await 1000/60 loop



youdai

リンク

2021/10/25(Mon) 17:02:04|NO.94239

アドバイスありがとうございます!
_rotxyz命令は応用範囲が非常に広い命令だと思いました。
例えば、gppapplyだけではなく、addposでも同様の結果が得られました。
また、_rotxyzをベースにすれば、角度を変化させるだけで、様々な軌道も簡単にプログラムできるようになるんですね。
これは本当にすごいです。
とても役立ちました!



usagi

リンク

2021/10/25(Mon) 21:58:35|NO.94240

もう解決してますが、作ってたので別パターンとしてご参考までに失礼します。

>fv系命令を使って
昔の3Dゲーム的な移動

#include "hgimg4.as" chdir dir_exe+"\\sample\\hgimg4" gpreset : setcls CLSMODE_SOLID, $808080 setpos GPOBJ_CAMERA, 0,100,150 ; 床 gpfloor id_floor, 200,200, $404040 : gppbind id_floor, 0 ; キャラ gpload id, "res/tamane2" : setscale id, 0.1, 0.1, 0.1 ddim ang, 3 : ang.1 = M_PI power = 1.0 repeat ;キー操作 stick key,15 ; Y回転 if key&1 : ang.1+=0.05 if key&4 : ang.1-=0.05 ; 移動 speed = 0.0 if key&2 : speed = power if key&8 : speed = -power ;--------------------------------- ; ココがキモ fvset v, -ang.0, -ang.1, -ang.2 fvdir v, 0, 0, speed ; ベクトル回転させる(進む方法はz軸正面としたスピード) ;--------------------------------- setang id, ang.0, ang.1, ang.2 addpos id, v.0, v.1, v.2 ; カメラ getpos id, x,y,z : gplookat GPOBJ_CAMERA, x,y,z redraw 0 : gpdraw : redraw 1 : await 1000/60 loop

>カメラの向きと同一方向へオブジェクトを前進させたい
TPSとかでよくある移動

#include "hgimg4.as" chdir dir_exe+"\\sample\\hgimg4" gpreset : setcls CLSMODE_SOLID, $808080 setpos GPOBJ_CAMERA, 0,50,150 ; 床 gpfloor id_floor, 200,200, $404040 : gppbind id_floor, 0 ; キャラ gpload id, "res/tamane2" : setscale id, 0.1, 0.1, 0.1 setpos id, 0,0,-50 ddim ang, 3 : power = 1.0 repeat ;キー操作 stick key,15 ; 移動 speed_x = 0.0 : speed_z = 0.0 if key&1 : speed_x = -power if key&2 : speed_z = -power if key&4 : speed_x = power if key&8 : speed_z = power ;--------------------------------- ; ココがキモ ; カメラに合わせた移動ベクトルを v に作成 getang GPOBJ_CAMERA, v.0, v.1, v.2 ;カメラの角度を取得 fvset v, -v.0, -v.1, -v.2 ;カメラと逆向きにする fvdir v, speed_x, 0, speed_z  ; ベクトル回転させる ; 平面に沿ったベクトルを求める ; 平面の法線方向と移動ベクトル内積(その方向への仕事量) fvset f, 0, 1, 0 : fvinner f, v.0, v.1, v.2 ; 法線方向の仕事量 fvset n, 0, 1, 0 : fvmul n, f.0,f.0,f.0 ; 平面に対するベクトルを求める(移動ベクトルから法線方向の仕事量を引く) fvsub v, n.0, n.1, n.2 ;--------------------------------- ; 移動 addpos id, v.0, v.1, v.2 ; 回転 fvset a, 0,0,0 : fvface a, v.0, v.1, v.2 setang id, -a.0, -a.1, -a.2 addang id, 0, M_PI, 0 ; カメラ getpos id, x,y,z : gplookat GPOBJ_CAMERA, x,y,z redraw 0 : gpdraw : redraw 1 : await 1000/60 loop



youdai

リンク

2021/11/1(Mon) 12:19:12|NO.94270

usagiさん、アドバイスありがとうございます。
1つ目のサンプルはラジコン型の操作で、2つ目のサンプルは、カーソルキーの方向とキャラクターの移動の方向を一致させた上で
3次元上で移動させるということですね。
テクニカルで大変面白いと思います。勉強になります。



アキアキノヒロロ

リンク

2021/11/1(Mon) 12:57:39|NO.94271

横から失礼致します。

今年のコンテストに応募した私の「〓[hgimg4]手引き〓」でも、同問題に関してのスクリプトを載せて解説させて頂いています。
ちょっと覗いて頂けると、うれしいです。
特に、画面左下の [ステップスクリプト 全(1〜11)]ボタンで、制作過程順のスクリプト集(1~11)が表示され、実行もできます。



記事削除

記事NO.パスワード
(質問が解決したスレッドは他の利用者に活用してもらうため、削除しないようお願いします)

NO.94233への返信

マスコット

好きなマスコットを選んでください。

名前

e-mail
HOME
  1. 初めて利用する方は、HSP3掲示板の使い方をお読みください。
  2. 不要部分の多い長いスクリプトの投稿は ご遠慮ください。
  3. 書き込みは自動改行されません。適度に改行を入れてください。
  4. スクリプトは小文字の<pre>〜</pre>で囲むと見やすく表示できます。

削除用パスワード

解決したら質問者本人がここをチェックしてください。

エラー発生時、再送信すると二重送信になることがあります。
回答が得られたら、お礼書き込み時に[解決]チェックしてください。
SPAM防止のためURLから始まる文章は投稿できません。
SPAM防止のため英文字のみの本文を投稿することはできません。

ONION software Copyright 1997-2021(c) All rights reserved.