HSPポータル
サイトマップ お問い合わせ


HSPTV!掲示板


未解決 解決 停止 削除要請

2021
1005
タカダショウゴ (投稿者削除)2未解決


タカダショウゴ

リンク

2021/10/5(Tue) 03:58:47|NO.94055

この記事は投稿者により削除されました。
2021/10/10(Sun) 10:13:51



この記事に返信する


沢渡

リンク

2021/10/5(Tue) 19:00:44|NO.94057

「マウス操作を透過した上で、かつ、マウス操作を検出できるようにしたい」
ということでしょうか?
相当な難問であるように思いましたが、以下のスレを参考に、
コールバックモジュールを利用してやってみました。
(当方コールバックを使うのは初めてなので、大部分以下のスレのあらやさんのコードのコピペですが)
http://hsp.tv/play/pforum.php?mode=pastwch&num=84110

なお、この方法だとWM_LBUTTONDBLCLK等を使ってのダブルクリック検出は
できないようなので、ちょっと面倒ですが、ダブルクリック受け付け時間を取得し、
自前でダブルクリック判定を行うようにしています。

#include "modclbk3.hsp" #define NULL 0 #define WH_MOUSE_LL 14 #define WM_MOUSEWHEEL 0x020A #include "user32.as" #include "winmm.as" #define WM_LBUTTONDOWN $0201 #define WM_LBUTTONUP $0202 #define WM_RBUTTONDOWN $0204 #define WM_RBUTTONUP $0205 #define WM_MBUTTONDOWN $0207 #define WM_MBUTTONUP $0208 #define True 1 #define False 0 GetDoubleClickTime : dc_time=stat //ダブルクリック受付時間を取得 can_ldc=0 : can_rdc=0 : can_mdc=0 //ダブルクリック受付フラグ time_lc=0 : time_rc=0 : can_mc=0 //最後にクリックした時の時間 dim point,2 bgscr 0, 640, 480 透過ウィンドウハンドル = hwnd GetWindowLong 透過ウィンドウハンドル, -20 SetWindowLong 透過ウィンドウハンドル, -20, stat | $00080000 | $00000020 //マウス操作透過ウィンドウ用 SetLayeredWindowAttributes 透過ウィンドウハンドル, 0, 50, 2 //0, 0, 2 で透明 MoveWindow 透過ウィンドウハンドル, 50, 50, 640, 480, 1 gmousew = 0 //mousewの代わりにこれを使う cbl = *LowLevelMouseProc newclbk3 clbkptr, 3, cbl SetWindowsHookEx WH_MOUSE_LL, clbkptr, NULL, 0 // マウス操作を感知した場合ウェイト中に割り込みが入る hhook=stat clbk_skip=0 //コールバックをスキップするフラグ onexit goto *OnQuit lbd = false ldc = false rbd = false rdc = false mbd = false mdc = false wheel=0 repeat redraw 0 color 255,255,255 : boxf : color 0,0,0 pos 0,0 mes "左クリック:"+lbd mes "左ダブルクリック:"+ldc mes "右クリック:"+rbd mes "右ダブルクリック:"+rdc mes "中クリック:"+mbd mes "中ダブルクリック:"+mdc mes "マウスホイール:"+wheel redraw 1 await 16 loop *LowLevelMouseProc dupptr MstateD, lparam, wparam*4, 4 if clbk_skip { CallNextHookEx hhook, MstateD(0), MstateD(1), MstateD(2) : return stat } dim Mstate,wparam : memcpy Mstate,MstateD,wparam*4,0,0 // Mstate(0)=フックコード(nCode) Mstate(1)=メッセージ識別子(wParam) Mstate(2)=メッセージデータ(lParam) if( Mstate(0) < 0 ) { // フックコードが0未満の場合はフックを中止して制御を元に戻さなければいけない。 CallNextHookEx hhook, Mstate(0), Mstate(1), Mstate(2) : return stat } dupptr lp, Mstate(2), 24, 4; // lParamはMSLLHOOK構造体へのポインタが入っている point=lp(0),lp(1) : ScreenToClient 透過ウィンドウハンドル,varptr(point) if (point(0)>=0)&(point(0)<640)&(point(1)>=0)&(point(1)<480) { //マウスの位置が透過ウィンドウの範囲内の時のみ処理を行う //この時点で配列point内にはマウスのX座標とY座標が入っている if Mstate(1)=WM_MOUSEWHEEL { gmousew = lp(2)>>16 // MSLLHOOK構造体のメンバmouseDataの上位ビットがホイール情報 gosub *OnMouseWheel } else { gmousew=0 switch Mstate(1) case WM_LBUTTONDOWN gosub *on_LButtonDown swbreak case WM_LBUTTONUP gosub *on_LButtonUp swbreak case WM_RBUTTONDOWN gosub *on_RButtonDown swbreak case WM_RBUTTONUP gosub *on_RButtonUp swbreak case WM_MBUTTONDOWN gosub *on_MButtonDown swbreak case WM_MBUTTONUP gosub *on_MButtonUp swbreak swend } } CallNextHookEx hhook, Mstate(0), Mstate(1), Mstate(2) : return stat // フックしたデータをそのまま返す *OnMouseWheel wheel = gmousew if 0 != wheel { if 0 < wheel { gosub *wheel_Up } else { gosub *wheel_Down } } return *on_LButtonDown if can_ldc { TimeGetTime if stat<time_lc+dc_time { gosub *on_LButtonDblClk can_ldc=0 : return } } TimeGetTime : time_lc=stat : can_ldc=1 lbd = true return *on_LButtonUp clbk_skip=1 : wait 30 : clbk_skip=0 if ldc { //ダブルクリック時処理 lbd = false : ldc = false } else { if lbd { //クリック時処理 lbd = false : ldc = false } } return *on_LButtonDblClk ldc = true return *on_RButtonDown if can_rdc { TimeGetTime if stat<time_rc+dc_time { gosub *on_RButtonDblClk can_rdc=0 : return } } TimeGetTime : time_rc=stat : can_rdc=1 rbd = true return *on_RButtonUp clbk_skip=1 : wait 30 : clbk_skip=0 if rdc { //右ダブルクリック時処理 rbd = false : rdc = false } else { if rbd { //右クリック時処理 rbd = false : rdc = false } } return *on_RButtonDblClk rdc = true return *on_MButtonDown if can_mdc { TimeGetTime if stat<time_mc+dc_time { gosub *on_MButtonDblClk can_mdc=0 : return } } TimeGetTime : time_mc=stat : can_mdc=1 mbd = true return *on_MButtonUp clbk_skip=1 : wait 30 : clbk_skip=0 if mdc { //ミドルボタンダブルクリック時処理 mbd = false : mdc = false } else { if mbd { //ミドルボタンクリック時処理 mbd = false : mdc = false } } return *on_MButtonDblClk mdc = true return *wheel_Up //ホイール上回転時処理 return *wheel_Down //ホイール下回転時処理 return *OnQuit UnhookWindowsHookEx hhook // フックの終了 end




タカダショウゴ

リンク

2021/10/6(Wed) 21:20:28|NO.94061

沢渡さん、ありがとうございました。
無理だとあきらめていたので、返事が遅れてすみませんでした。
コールバック? あーコールバックですね??? 勉強不足ですみません、知りませんでした。
「折り返し電話ください」のようなことが、ウィンドウズのメッセージで出来るという様なことでしょうか。
返信してくださったコードで、確かに動作することを確認しました。
これから内容を確認しながら、勉強させてもらおうと思います。



記事削除

記事NO.パスワード
(質問が解決したスレッドは他の利用者に活用してもらうため、削除しないようお願いします)

NO.94055への返信

マスコット

好きなマスコットを選んでください。

名前

e-mail
HOME
  1. 初めて利用する方は、HSP3掲示板の使い方をお読みください。
  2. 不要部分の多い長いスクリプトの投稿は ご遠慮ください。
  3. 書き込みは自動改行されません。適度に改行を入れてください。
  4. スクリプトは小文字の<pre>〜</pre>で囲むと見やすく表示できます。

削除用パスワード

解決したら質問者本人がここをチェックしてください。

エラー発生時、再送信すると二重送信になることがあります。
回答が得られたら、お礼書き込み時に[解決]チェックしてください。
SPAM防止のためURLから始まる文章は投稿できません。
SPAM防止のため英文字のみの本文を投稿することはできません。

ONION software Copyright 1997-2021(c) All rights reserved.