HSPポータル
サイトマップ お問い合わせ


HSPTV!掲示板


未解決 解決 停止 削除要請

2019
1003
MSX68000オブジェクトの移動命令2解決


MSX68000

リンク

2019/10/3(Thu) 00:37:51|NO.88565

 HSPのオブジェクト表示命令には、例えば

オブジェクト表示 X座標,Y座標,AWAIT時間

 などと記述すると、指定した時間をかけてゆっくり移動して行く命令は無いのでしょうか。
律儀に1ドットずつまたは指定AWAITずつ、動かさないといけませんか?



この記事に返信する


ゆうやん

リンク

2019/10/3(Thu) 07:35:28|NO.88566

オブジェクトの移動はWin32APIのSetWindowPos関数かMoveWindow関数を使います。

#uselib "user32.dll" #func SetWindowPos "SetWindowPos" int,int,int,int,int,int,int #define SWP_NOSIZE 0x0001 button "",*dummy obj_hwnd=objinfo_hwnd(stat);オブジェクトのハンドルを取得 wait 100 ;ボタンを移動 objx=50 objy=50 SetWindowPos obj_hwnd,0,objx,objy,0,0,SWP_NOSIZE *dummy



MSX68000

リンク

2019/10/3(Thu) 12:22:37|NO.88567

うわ!素のHSPでは使えないぽいですね。
固定座標移動と時間あたりでの距離を使って、自力実装しようかしら(^^;



ONION software Copyright 1997-2021(c) All rights reserved.