HSPポータル
サイトマップ お問い合わせ


HSPTV!掲示板


未解決 解決 停止 削除要請

2019
0506
pyoiHGIMG4利用時のhsp3dish.iniの扱いとウィンドウサイズについて2解決


pyoi

リンク

2019/5/6(Mon) 10:04:25|NO.87260

表題の通りですが、HGIMG4利用時のhsp3dish.iniの扱いについて質問させて頂ければと思います。
尚、HSPについて詳しいわけではないため、いくつかの前提から確認させてください。
また、今回のケースにつきましては、全てWindows上での動作についての質問となります。

・HGIMG4はHSP3Dish上で動作しており、ウィンドウサイズの変更はscreen命令等経由では行えない。
・ウィンドウサイズの変更はスクリプトエディタから実行する場合にはhsp3dish.iniを参照し、
実行時(起動時)に変更が自動的に反映される。
・EXEを作成し、起動した場合には#packopt xsize, ysizeの値が参照される。

ここまでが現時点で私が前提としている認識です。

本題の質問となりますが、
私の環境では(プロジェクトでは)hsp3dish.iniがある状態で、
HGIMG4を利用したプロジェクトをスクリプトエディタから起動した場合、
スクリプトのいずれの処理も呼び出される前に特に何もエラーは出ずにクラッシュします。
そのため、スクリプトエディタからの実行環境ではウィンドウサイズの変更を行うことが出来ません。
(尚、EXEから起動した場合には#packopt xsize, ysizeの変更値が正しく反映されることは確認しております。)

現在、HGIMG4でのhsp3dish.iniの利用はサポートされているのでしょうか。
また、HGIMG4を利用したプロジェクトをスクリプトエディタから起動する場合に、
ウィンドウサイズ(勿論GL/DirectXのレンダーバッファのサイズも含め、ですが)を変更する方法はありますでしょうか。

以上となりますが、何かご存知の方がいらっしゃれば、ご回答宜しくお願いできればと思います。



この記事に返信する


砂時 計

リンク

2019/5/6(Mon) 15:10:32|NO.87263

解決方法ではないのですが情報として。

前提の認識については私はだいたい同じです。

スクリプトエディタからの実行に関しては、hsp351 を解凍して
ルート\sample\hgimg4 フォルダ に置いてある hsp3dish.ini に
wx=320
wy=240
などと記載するとこのサイズになっているようです。
ですのでスクリプトエディタでの実行では hsp3dish.ini は参照されているようです。

エラーダイアログが出ずにクラッシュするのは
あまり見たことが無いのでちょっと原因がわかりません。

現象が一番近いのは hsp3dish.ini に wx, wy の記載が無い、または
wx=0
wy=0
と指定するとかなり小さいウインドウが出て数秒後に
ダイアログが出ずにウインドウが消えてなくなりました。

以上、ご参考までに。



pyoi

リンク

2019/5/6(Mon) 23:26:43|NO.87272

>砂時 計さん
情報提供ありがとうございます、おかげ様で解決致しました…!

>>スクリプトエディタからの実行に関しては、hsp351 を解凍して
とあり、気が付いたのですが、てっきりHSP3.5が最新だと思っていましたが、
HSP3.51がリリース済みだったようですね...。
新規にインストールした上で3.51エディタ経由であればサンプル、自身のプロジェクト共に
無事にhsp3dish.iniのウィンドウサイズの設定値が反映されました。
ありがとうございました...!



ONION software Copyright 1997-2021(c) All rights reserved.