HSPポータル
サイトマップ お問い合わせ


HSPTV!掲示板


未解決 解決 停止 削除要請

2018
0718
Endフォルダ生成バグ5解決


End

リンク

2018/7/18(Wed) 23:22:50|NO.84803

この問題は、HSPのプログラムが原因なのか分かりませんが、フォルダ生成に生じたバグを報告します。

ドット三つ以上「. . .」と斜線「/」を組み合わせて m k d i r でフォルダを作成すると、ドットのみのフォルダが生成されます。
このファイルをCTRL+Dで削除しようとすると、フォルダの中身は空のはずが、フォルダやファイルを永遠にカウントし続けます。
LockHunterで強制消去しようとすると、フリーズします。

私のPCで生成したものですが、いまだに削除方法が見つかりません。

ttps://www.klog.jp/wp-content/uploads/2018/07/forder01.png
永遠と検出し続ける

ttps://www.klog.jp/wp-content/uploads/2018/07/forder02.png
作成されたフォルダの例

ttps://www.klog.jp/wp-content/uploads/2018/07/forder03.png
プログラムの例

※安易に実行しないようにしてください。
※私のPCのみでの問題でしたら申し訳ないです。



この記事に返信する


End

リンク

2018/7/18(Wed) 23:29:02|NO.84804

追記
PC環境は、メモリ-16GB、SSD-evo970-512gb、CPU-Intel-i7-7700k、GPU-GTX1060、OS-Windows10です。
ドットのみで作成したフォルダを開こうとしても、エクスプローラーでは開けず、エクスプローラーが強制終了します。



あらや

リンク

2018/7/19(Thu) 01:37:06|NO.84805

恐らくPCの仕様かと思われます。

ドットだけのフォルダというのは通常作成できないのですが
コマンドプロンプト上でのディレクトリ作成や
今回のようにプログラム経由だと通常できないフォルダ名でも作成することができてしまいます。

今回の場合は、ドットが3つというのが実際にどんな意味になるのか私にはわかりませんが
ドットが1つの場合は、同階層
ドットが2つの場合は、1つ前の階層の意味です。
これはWindowsに限らず、UNIX系などでも共通したコマンドになります。

例えば、『C:\test\...』という状況の場合
『...』を開くと(ドット2つのせいで)1つ前の階層『test』を開くという意味になり
結局同じ階層が表示されることになり、
また削除しようとした場合も、同じような理由で『test』の中の『...』を削除するのに
『...』の中身の『...』を先に処理しようとして
『...』の中身の『...』の中の『...』を先に……という無限ループ状態に陥ります。



対処法としてはUnlockerなどのファイルを強制的に改名・削除を行なえるソフトを使うと
削除自体は可能です。
試した限りでは『...』ファルダ単体の削除は出来ませんでしたが、
上位フォルダ『test』ごと削除という形で削除でき、
ごみ箱に入ったあとは通常の削除が可能でした。



f(目から角膜)

リンク

2018/7/20(Fri) 09:39:40|NO.84814

>ドット三つ以上「. . .」と


この発想は無かった。
そういう指定を想像したことも無かった。
むしろエラーにならねーのな…って驚いた。


今後の開発では、そういうのきっちりハネるように気を付けよう…。



End

リンク

2018/7/20(Fri) 22:05:50|NO.84822

なるほど、PCの仕様だったのですね。
しかしこれだけのプログラムやコマンドで削除できないフォルダができてしまうなんて、結構厄介ですね。
エラーが出るようにして、作成を防止する等の対策を早くしてほしいですね。

あらやさん、f(目から角膜)さん、ありがとうございました!
あと、Unlockerで無事削除することができました。



Velgail

リンク

2018/7/22(Sun) 01:34:49|NO.84831

参考までに、こちらもどうぞ。もしかすると、HSPからでも消せます。(試してない)
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/0501/29/news013.html



ONION software Copyright 1997-2021(c) All rights reserved.