HSPポータル
サイトマップ お問い合わせ


HSPTV!掲示板


未解決 解決 停止 削除要請

2015
0824
shiba追跡8未解決


shiba

リンク

2015/8/24(Mon) 03:04:30|NO.71020

○:自分 ×:敵だとして、○が通った道を×が後ろからたどる、もしくは○を×が追いかける、鬼ごっこみたいなのはどうすればいいですか?
できれば敵の動く速さを変えられる仕様にしたいです!



この記事に返信する


葡萄色

リンク

2015/8/24(Mon) 12:04:50|NO.71026

質問内容が抽象的でよくわかりませんが、要は追いかける方の座標を、追いかけられる方の座標より遅れた位置にすればいいのでは?



雪月夜

リンク

2015/8/24(Mon) 13:26:56|NO.71027

「○が通った道を×が後ろからたどる」と「○を×が追いかける」は異なるアルゴリズムになると思います。
とりあえず、「○が通った道を×が後ろからたどる」というのはこんな感じでしょうか?

size=32 xlen=640/size:ylen=480/size pheromonesum=10 dim pstack,2,pheromonesum px=10:py=10:pdelay=6 ;自分の位置と速度 ex=10:ey=10:edelay=12 ;敵の位置と速度 font msgothic,size dim pheromonemap,xlen,ylen tmp=py*xlen+px repeat pheromonesum pstack.0.cnt=tmp,pheromonesum-cnt loop gosub *pheromonerecord repeat getkey leftkey,37 getkey upkey,38 getkey rightkey,39 getkey downkey,40 if pwait<=0{ vx=(rightkey-leftkey) vy=(downkey-upkey) if vx!=0|vy!=0{ px+vx py+vy pwait=pdelay vx=0:vy=0 gosub *pheromonerecord } }else{ pwait-- } if ewait<=0{ vx=0:vy=0 nowep=pheromonemap(ex,ey) if pheromonemap(ex-1,ey)>0&nowep<pheromonemap(ex-1,ey):vx-- if pheromonemap(ex,ey-1)>0&nowep<pheromonemap(ex,ey-1):vy-- if pheromonemap(ex+1,ey)>0&nowep<pheromonemap(ex+1,ey):vx++ if pheromonemap(ex,ey+1)>0&nowep<pheromonemap(ex,ey+1):vy++ ex+vx:ey+vy ewait=edelay }else{ ewait-- } gosub *draw redraw:await 16:redraw 0 loop *draw pget 3200:boxf color 180,180,180 repeat pheromonesum x=pstack(0,cnt)\xlen:y=pstack(0,cnt)/xlen pos x*size,y*size:mes""+(pheromonesum-cnt) pheromonemap.x.y=pheromonesum-cnt loop color pos px*size,py*size:mes"○" pos ex*size,ey*size:mes"×" return *pheromonerecord x=pstack(0,(pheromonesum-1))\xlen:y=pstack(0,(pheromonesum-1))/xlen pheromonemap.x.y=0 repeat pheromonesum-1,1 pstack.0.(pheromonesum-cnt)=pstack.0.(pheromonesum-cnt-1) x=pstack(0,(pheromonesum-cnt))\xlen:y=pstack(0,(pheromonesum-cnt))/xlen pheromonemap.x.y=pstack.1.(pheromonesum-cnt) loop pstack.0.0=py*xlen+px pheromonemap.px.py=pstack.1.0 return



Snake

リンク

2015/8/24(Mon) 13:51:22|NO.71028

>雪月夜さん
画面領域からはみ出そうとすると、「配列の要素が無効です」となりエラー。



息子

リンク

2015/8/24(Mon) 14:17:02|NO.71029

追いかけるだけでしたらこんな感じでどうでしょうか?


///変数初期化 sx=640 ;ウィンドウサイズ sy=480 ;ウィンドウサイズ size=10 ;円の半径 fps=0.0 fps=60.0 ;描画速度 tx=0.0 ty=0.0 tx=double(sx/2) ;敵のx初期位置 ty=double(sy/2) ;敵のx初期位置 speed=0.0 speed=2.0 ///ウィンドウ生成 screen 0,sx,sy ///メイン repeat redraw 0 ;画面リセット color 30,30,30 boxf ;自分描画 mx=mousex my=mousey color 0,128,198 circle mx-size,my-size,mx+size,my+size,1 ;敵描画 tx=tx+sin(atan(mx-tx,my-ty))*speed ty=ty+cos(atan(mx-tx,my-ty))*speed color 240,0,0 circle tx-size,ty-size,tx+size,ty+size,1 redraw 1 await 1000.0/fps loop



雪月夜

リンク

2015/8/24(Mon) 14:17:41|NO.71030

>Snakeさん
失礼。
24〜25行目を

px=limit(px+vx,0,xlen-1) py=limit(py+vy,0,ylen-1)
36〜39行目を

if ex-1>=0{ if pheromonemap(ex-1,ey)>0&nowep<pheromonemap(ex-1,ey):vx-- } if ey-1>=0{ if pheromonemap(ex,ey-1)>0&nowep<pheromonemap(ex,ey-1):vy-- } if ex+1<xlen{ if pheromonemap(ex+1,ey)>0&nowep<pheromonemap(ex+1,ey):vx++ } if ey+1<ylen{ if pheromonemap(ex,ey+1)>0&nowep<pheromonemap(ex,ey+1):vy++ }
とするとエラーが解消されます。



shiba

リンク

2015/8/25(Tue) 02:00:13|NO.71046

質問が抽象的すぎてすみませんf(^_^;)
自機の跡を辿るやつをお願いします。hsp初心者なのでできれば解説もお願いします!



(´ω`)

リンク

2015/8/26(Wed) 12:08:26|NO.71065

ご希望の機能を実装するには、

 ・自分の足跡(座標)を順次記録する
 ・敵は、少し遅れて足跡の記録を順次たどる

という手順が必要になります。

足跡を変数で管理するには、変数内容のシフトなどが必要になってちょっと手間ですが、
メモリノートパッドを使えば簡単に実現できます。以下サムプル。


; 画面、変数の初期化 sx = 640 : sy = 480 screen 0, sx, sy, 0, (ginfo(20)-sx)/2, (ginfo(21)-sy)/2 mouse ginfo(20)/2, ginfo(21)/2 okure = 50 ; どのくらい遅れて追いかけるか asiato = "" ; 足跡の記録 notesel asiato *main wait 1 ; マウスの現座標を追記 ; メモリノートに順次記録するため、x,y座標を各4文字の固定長テキストに変換 mx = " "+str(mousex) : mx = strmid(mx,-1,4) my = " "+str(mousey) : my = strmid(my,-1,4) noteadd mx+my ; メモリノートの大きさが遅れ以上になったら、追いかけ処理開始 if noteinfo(0)>okure { ; 座標を取り出し、表示 noteget a, 0 tx = int(strmid(a,0,4)) : ty = int(strmid(a,4,4)) redraw 0 color 255,255,255 : boxf color 0, 0, 0 : pos tx, ty : mes "敵" redraw 1 ; メモリノートの先頭を削除 notedel 0 } goto *main
ただ、メモリノートパッドは1つのプログラム中に同時に1つしか指定できない。
ほんとは、メモリノートを使わずに普通の変数で管理できればいいですよね。

上記の「固定長テキストに変換」の考え方を応用すれば、普通の文字列変数で実装できます。
そこはぜひ、お考えください。(´ω`)



motchy

リンク

2015/8/26(Wed) 13:18:23|NO.71066

>足跡を変数で管理するには、変数内容のシフトなどが必要になってちょっと手間

リングバッファの概念を使えば必要有りません。
配列によるキュー(queue)の実装でよく使う手法です。
内容のシフトをしていたのではCPUを無駄に食うだけです。。

とりあえずエッセンスだけ。

*mkwnds #define wsx 640 #define wsy 480 screen 0,wsx,wsy,0 *init /* カーソルの軌跡データの初期化 */ #define delay 25 //遅れ readStartIdx_mLocus = 0 // "readStartIndex_mLocus" mLocus↓ の読み出し開始インデックス。 writeIdx_mLocus = delay // "writeIndex_mLocus" mLocus↓ の書き込みインデックス。readStartIdx_mLocus の一つ前。 dim mLocus,delay+1,2 //マウスカーソルの軌跡データ。リングバッファの要領で記録。 //要素(i,0),(i,1)は然るべき位置記録のx,y座標。 //読み出しは startIndex_mLocus から delay 個分。 *main #define frmIntrvl 16 //[ms] "frameInterval" フレーム間隔 mpos_prev = mousex,mousey // "mousePosition_previous" 以前のマウスカーソルの座標 repeat if mousex!mpos_prev | mousey!mpos_prev(1) { //カーソルが動いたら gosub *hndlMLocus_add //軌跡点追加 mpos_prev = mousex,mousey redraw 0 color : boxf gosub *drawChaser //追跡者描画 redraw 1 } await frmIntrvl loop *hndlMLocus_add //軌跡点追加 mLocus(writeIdx_mLocus,0) = mousex : mLocus(writeIdx_mLocus,1) = mousey //書き込み if writeIdx_mLocus = delay : writeIdx_mLocus = 0 : else : writeIdx_mLocus ++ //インクリメント return *drawChaser chaserPos = mLocus(readStartIdx_mLocus,0),mLocus(readStartIdx_mLocus,1) //追跡者の座標 color 255,128,64 circle chaserPos-5,chaserPos(1)-5, chaserPos+5,chaserPos(1)+5, 1 //追跡者 if readStartIdx_mLocus = delay : readStartIdx_mLocus = 0 : else : readStartIdx_mLocus ++ //インクリメント return



ONION software Copyright 1997-2021(c) All rights reserved.