HSPポータル
サイトマップ お問い合わせ


HSPTV!掲示板


未解決 解決 停止 削除要請

2012
0318
Merryプログラムが最前面にあるとき (条件分岐)7未解決


Merry

リンク

2012/3/18(Sun) 00:43:26|NO.45464

プログラムが最前面にあるときだけ実行して
最前面でなくなったときにストップさせるようなことが可能でしたら
もしよろしければおしえてください。



この記事に返信する


ヂオン

リンク

2012/3/18(Sun) 06:30:30|NO.45469

WM_ACTIVATE を 使用する方法はどうでしょうか?


oncmd *activate,/*WM_ACTIVATE*/0x6 *main title strf("Frame %d",i):i++ await 30 goto *main *activate if(wparam&0xFFFF):goto *main stop



Merry

リンク

2012/3/18(Sun) 08:07:53|NO.45471

>>ヂオン様
申し訳ありません…。初心者なもので、プログラムを読んでみてもいまいち理解
できません。よろしければ簡単な説明を書いていただけませんか?



Merry

リンク

2012/3/18(Sun) 08:45:09|NO.45472

すいませんでした。

1つ説明が抜けていました。
他のあるプロセスが最前面にあるときのみ、
プログラムを実行させたいのです

例えば、
A.exeが最前面のとき実行
最前面ではない場合、ストップ



cats

リンク

2012/3/18(Sun) 11:13:58|NO.45477

■他のウィンドウが最前面にあるときのみプログラムを実行させる場合■

oncmd *activate,0x6 title strf("Frame %d",i) stop *main await 30 if(wparam&0xFFFF) :goto *main *activate title strf("Frame %d",i):i++ goto *main
■決めたタイトルが最前面にあるときのみプログラムを実行させる場合■

#uselib "user32.dll" #cfunc GetForegroundWindow "GetForegroundWindow" sdim textbuf,65536 ;textbufにウィンドウタイトルが入る screen 1 :title "abc" :gsel 0,1 ;タイトルが「abc」のウィンドウを作る *main hFW = GetForegroundWindow() ;ハンドル取得 sendmsg hFW,$D,65536, varptr(textbuf) if textbuf="abc" { ;最前面ウィンドウのタイトルが「abc」のときだけ動作 /*ここにやりたいプログラムを入れる*/ title strf("Frame %d",i):i++ } await 30 goto *main



Merry

リンク

2012/3/18(Sun) 13:23:16|NO.45478

>>cats様
うーむ…。
そのプログラムも正しいんだと思いますが、
例えば「Notepad.exe」等の別のプログラムが最前面の時でも使えますか?
やってみたんですができませんでした…。(僕のやり方が間違っているのかもしれません。)



ヂオン

リンク

2012/3/18(Sun) 21:52:38|NO.45487

こんな感じでしょうか。
ちなみにノートパッドのタイトルはころころ変わるので、
クラス名で判定してみました。


#include "user32.as" repeat sdim cn,0xFF GetForegroundWindow:hwnd_forgrd = stat GetClassName hwnd_forgrd,varptr(cn),0xFF if(getpath(cn,16)=="notepad"):title strf("Frame %d",cnt) await 30 loop



なたで

リンク

2012/3/19(Mon) 13:06:58|NO.45495

すみません。
昨日書いたのにバグがあったので修正しました。

#include "kernel32.as" #include "user32.as" #module "topmostmod" #uselib "kernel32.dll" #func QueryFullProcessImageName "QueryFullProcessImageNameA" int, int, int, int #uselib "psapi.dll" #func EnumProcessModules "EnumProcessModules" int, int, int, int #func GetModuleFileNameEx "GetModuleFileNameExA" int, int, int, int #define PROCESS_VM_READ 0x10 #define PROCESS_QUERY_INFORMATION 0x400 #define PROCESS_NAME_NATIVE 0x00000001 #define GWL_EXSTYLE 0xFFFFFFEC #define WS_EX_TOPMOST 0x00000008 #define GW_HWNDFIRST 0 #define GW_HWNDNEXT 2 // Vista以降か調査 #defcfunc isVista local lpVersionInfo dim lpVersionInfo,37 lpVersionInfo(0) = 148 GetVersionExA varptr(lpVersionInfo) return(6 <= lpVersionInfo(1)) // ハンドル から ファイルパス を取得 #defcfunc getProcessPath int handle,local pid,local hsnap,local hprocess,local hmod,local nneed,local out sdim out, 260 GetWindowThreadProcessId handle, varptr(pid) OpenProcess PROCESS_QUERY_INFORMATION | PROCESS_VM_READ, 0, pid hprocess = stat if(hprocess!=0){ if(isVista()) { // Vista以降の環境 size = 260 QueryFullProcessImageName hprocess, 0, varptr(out), varptr(size) }else { // XP以前の環境 hmod = 0:nneed = 0 EnumProcessModules hprocess, varptr(hmod), 4, varptr(nneed) if(stat!=0){ GetModuleFileNameEx hprocess, hmod, varptr(out), 260 } } CloseHandle hprocess } return(out) // 全てのトップレベルウィンドウのハンドルのリストを取得 #deffunc getHwndList array hwndarray,local prm dim codeenumwnd, 10 codeenumwnd( 0) = $0824448b, $3b08488b, $067c0448, $08488941, $108b0eeb, $24748b56 codeenumwnd( 6) = $8a348908, $5e0840ff, $c240c033, $00000008 VirtualProtect varptr(codeenumwnd), 40, $40, AZSD prm = 0, 0, 0 EnumWindows varptr(codeenumwnd), varptr(prm) dim hwndarray, prm(2) prm = varptr(hwndarray), prm(2), 0 EnumWindows varptr(codeenumwnd), varptr(prm) return(hwndarray) // 文字列の語尾が一致しているかどうか #defcfunc isEndsWith str target,str suffix,local x if(strlen(target) < strlen(suffix)) { return(0) } x = target return(strmid(x, strlen(target) - strlen(suffix), strlen(suffix)) == suffix) // ハンドルが常に最前面表示されているかどうか #defcfunc isTopMost int handle GetWindowLongA handle, GWL_EXSTYLE return((stat & WS_EX_TOPMOST) != 0) // ハンドルが可視かどうか #defcfunc isVisble int handle IsWindowVisible handle return(stat != 0) // 指定した実行ファイルのハンドルのリストを取得 #deffunc getHwndListByPath array list, str path, local hwndarray, local buff, local len getHwndList hwndarray len = 0 dim buff, length(hwndarray) repeat length(hwndarray) if isVisble(hwndarray(cnt)) { if isEndsWith(getProcessPath(hwndarray(cnt)), path) { buff(len) = hwndarray(cnt) len++ } } loop dim list, len memcpy list, buff, 4 * len return // 指定したハンドルより上のハンドルのリストを取得 #deffunc getPrevHwndList array list, int handle, local buff, local len, local x GetWindow handle, GW_HWNDFIRST x = stat dim buff, 512 len = 0 repeat GetWindow x, GW_HWNDNEXT if(stat == handle)||(stat == x) { break } x = stat if(isVisble(x)) { buff(len) = x len++ } loop dim list, len memcpy list, buff, 4 * len return // 指定したハンドルのバウンディングボックスを取得する #deffunc getBBList array list, array rect dim rect, 4, length(list) repeat length(list) GetWindowRect list(cnt), varptr(rect(0, cnt)) ;min_x,min_y,max_x,max_y loop return #define min_x 0 #define min_y 1 #define max_x 2 #define max_y 3 // バウンディングボックスと点との当たり判定 #defcfunc isContains int A, int x, int y,local box dupptr box, A, 4 * 4, vartype("int") return((box.min_x < x) & (x < box.max_x) & (box.min_y < y) & (y < box.max_y)) // バウンディングボックス同士の当たり判定 #defcfunc isIntersectBB int A, int B,local box1,local box2 dupptr box1, A, 4 * 4, vartype("int") dupptr box2, B, 4 * 4, vartype("int") if(box1.min_x >= box2.max_x) { return(0) }else:if(box1.max_x <= box2.min_x) { return(0) }else:if(box1.min_y >= box2.max_y) { return(0) }else:if(box1.max_y <= box2.min_y) { return(0) }else { return(1) } // 指定したハンドルが、他のハンドルとぶつかっているかどうか調べる #deffunc isHitHandle array list, int handle,local MYBB,local TARGETBB,local ishittt dim MYBB, 4 GetWindowRect handle, varptr(MYBB) getBBList list, TARGETBB ishittt = 0 repeat length(list) ishittt = isIntersectBB(varptr(MYBB), varptr(TARGETBB(0, cnt))) if(ishittt) { break } loop return(ishittt) // 指定したファイルのソフトの画面がほかのウィンドウに重なっていないか調べる #defcfunc isKasanatteinai str path,local list,local prevlist,local kasanatteinai getHwndListByPath list, path kasanatteinai = 0 repeat length(list) getPrevHwndList prevlist, list(cnt) isHitHandle prevlist, list(cnt) if(stat == 0) { kasanatteinai = 1 break } loop return(kasanatteinai) #global exec "calc" filename = "\\calc.exe" repeat redraw 1:wait 5:redraw 0 pos 0,0:color 255,255,255:boxf:color if(isKasanatteinai(filename)) { mes filename mes "ソフトのウィンドウの上に、何も重なっていません" mes "ここに処理内容を書く" } loop



ONION software Copyright 1997-2021(c) All rights reserved.