HSPポータル
サイトマップ お問い合わせ


HSPTV!掲示板


未解決 解決 停止 削除要請

2016
0417
Cheesehamburg7273OSもどきを作っていて、OSのかっこいいデザインなどを教えて下さい!22解決


Cheesehamburg7273

リンク

2016/4/17(Sun) 12:42:51|NO.75236

OSもどきを作っていて、OSのかっこいいデザインなどを教えて下さい!
現在はロード画面までしかできてませんorz
スクリプトも一緒に教えていただけると光栄です。



この記事に返信する


kanamaru

リンク

2016/4/17(Sun) 14:06:18|NO.75239

OSもどきとはいえど、どのくらい本物に似せるかで話が違ってきます。
質問に答えるためにも、どの程度本物に似せるのか教えてくれませんか?



Cheesehamburg7273

リンク

2016/4/17(Sun) 15:20:39|NO.75240

かなりリアルに再現したいと思ってます。
言い方が失礼かもしれませんがそこらへんにあるOSもどきとは違って
マルチタスクにも対応していて、フルスクリーンモードで動作するものを作りたいです。
現在できているソースコード

#include"hspsock.as" #include"Buffer.hsp" title"Cylinder graphic user control interface" buffer 1,1280,800:cls 4 bgscr 0,1280,800,0,0,0 gradf 0,0,1280,400,1,$000000,$0000BC gradf 0,400,1280,400,1,$0000BC,$000000 setease 0,1280,ease_quad_out i=0 repeat ; 画面をクリア x = getease(i,60) ; イージング値の取得(整数) color 0,0,50 boxf 0,200,X,600 wait 1 i=i+1 if X==1280:break loop pos 0,205:picload"Graphic/logo.png",1 color 200,200,200:font"Ubuntu":pos 10,280 mes"Cylinder graphic user control interface" mes"(C) Cylinder corporation" pos 550,275:picload"Graphic/user.png",1 font"Ubuntu",20 color 200,200,200:pos 570,486:mes"Welcome" repeat rnd(10) fileCMA=1 repeat 29 pos 590,420:picload"Animation/"+fileCMA+".png",1 wait 6 color 0,0,50:boxf 590,420,650,484 fileCMA+1 loop picload"Animation/1.png",1 wait 6 loop repeat 10 gmode 3,1280,800,100 pos 0,0:gcopy 1,0,0,1280,800 wait 5 loop cls 4 wait 10 dmmplay 0,0

インクルードしている Buffer.hsp は読み込みなどを行っています。



InoueSoftwear

リンク

2016/4/17(Sun) 15:23:09|NO.75241

Buffer.hspを知りたいです。



Cheesehamburg7273

リンク

2016/4/17(Sun) 15:24:42|NO.75242


;Buffer.hsp ソースコード #include"hspogg.as" dmmini dmmload"Audio/boot.ogg",0,0



Sado

リンク

2016/4/17(Sun) 15:29:48|NO.75243

ネタに走るのか、スタイリッシュな観賞用のものを作るのか、とか
色々考えられますよね。

とりあえず、王道の「windows777」
http://www.nicovideo.jp/watch/sm8613562
見た目が面白い「オフラインハッキングシミュ」
http://www.vector.co.jp/soft/win95/amuse/se129416.html

xp、8のタイルデザイン、iOS、sf映画やアニメのコンピュータ
xpやiOSは難易度は低そうですよね。
ウィンドウ(マルチタスク)や、アイコンの表示移動、仮想HDD、各種アプリなど

機能やレイアウトを列挙してみて、紙にまとめておくと作りやすいです。
機能を細分化すれば、どんなサンプルが必要かも見えてくるでしょうし。
OSもどきは後半根気で作っていかなければ完成しないと思います、頑張って!



Cheesehamburg7273

リンク

2016/4/17(Sun) 15:34:47|NO.75244

回答ありがとうございました!
OSもどきが出来次第、公開します!



Sado

リンク

2016/4/17(Sun) 15:44:28|NO.75245

マルチタスクを物凄く単純に作るなら、フラグで起動オンオフする位でしょうか。

process_みたいな配列を作ってタスク管理。
また、各アプリをサブルーチンで作っておく。
process_label()をラベル型変数とすることで、
process_の要素数分同じ数のアプリを起動(サブルーチン回る)することもできる。
同じアプリを起動するにあたって、競合も考えてアプリ(サブルーチン)を作らなければならない。
後は、process_winflg()で最小化や窓化,最大化を判定したりと
必要に応じて増やしていけばいい。

また、ウィンドウ表示用のモジュールを作っておいて、
process_winflg(添字)=1の時なら
各アプリ(サブルーチン)毎に保存されたセーブデータから
process_winx(表示サイズ)_winy()_posx(表示座標)_posy()_scalingflg(ズームon/offフラグ)などを取り出す。
スケーリングをするか、アプリ内の描写処理で対応するか、など。

モジュール変数で管理できれば楽なのかな……



あかさ

リンク

2016/4/17(Sun) 19:03:32|NO.75254

SetParent使うのって邪道ですかね。



Cheesehamburg7273

リンク

2016/4/18(Mon) 08:30:34|NO.75260

SetParentって何ですか?
一応googleで調べたんですけどよくわからないクソ長いスクリプトが出てきてわかりませんでした。



kanamaru

リンク

2016/4/18(Mon) 12:27:26|NO.75261

Setparentは子ウィンドウを設定するときに使うやつですね。
要は、あかささんは、既存のアプリケーションをOSもどきのアプリケーションとして、
子ウィンドウで動かすのは邪道なのかと言ってるのだと思います。
http://hsp.tv/play/pforum.php?mode=pastwch&num=29119
にあるプログラムの下から二番目のプログラムを実行すればイメージが湧くと思います。



Cheesehamburg7273

リンク

2016/4/19(Tue) 20:51:01|NO.75271

投稿遅れて申し訳ありませんでした。
あかささんとkanamaruさんが教えてくださったSetParentについてなんですが
kanamaruさんの貼ってくれたリンクに飛んで見るとなんとなく意味がわかったような気がしました!



Cheesehamburg7273

リンク

2016/4/19(Tue) 20:58:14|NO.75272

いろいろ調べたんですけど、こういうのを改造したらいいんですか?

#uselib "user32" #func SetParent "SetParent" int, int ParentHwnd = hwnd screen 1, 300,200, 0, 10,10 ;ここに子ウィンドウで実行するスクリプトを入れる SetParent hwnd, ParentHwnd
なんせ小6なんで...



Cheesehamburg7273

リンク

2016/4/19(Tue) 20:58:52|NO.75273

小6でプログラミングってまだ早いですかね...



InoueSoftwear

リンク

2016/4/21(Thu) 13:12:12|NO.75277

こういうのどうかな?

#module #uselib "User32.dll" #func DrawEdge "DrawEdge" int,int,int,int #func DrawText "DrawTextA" int,int,int,int,int #uselib "UxTheme.dll" #cfunc OpenThemeData "OpenThemeData" int, wstr #func DrawThemeBackground "DrawThemeBackground" int, int, int, int, int, int #func CloseThemeData "CloseThemeData" int //DrawWindowFrame ウィンドウを描画 //a1,p1,p2,p3,s1,p4,p5 //a1 RECT構造体 //p1 タイトルバーの高さ //p2 枠の太さ //p3 描画モード(0:UxTheme使用 1:オリジナルスタイル) //s1 タイトルバーの文字 //p4 ウィンドウ内の描画領域に描画するウィンドウもしくはバッファID //p5 アクティブウィンドウ(0)か非アクティブウィンドウ(1)か // //命令実行時に指定されているフォントが、タイトルバーの文字のフォントとなり、 //指定されている色は、背景色となります。 #deffunc DrawWindowFrame array a1,int p1,int p2,int p3,str s1,int p4,int p5 RECT=a1(0)+p2,a1(1)+p1,a1(2)-p2+1,a1(3)-p2+1 boxf RECT(0),RECT(1),RECT(2),RECT(3) DrawEdge hdc,varptr(RECT),2|8,1|2|4|8 if p4!0:pos RECT(0)+2,RECT(1)+2:gcopy p4,0,0,RECT(2)-RECT(0)-4,RECT(3)-RECT(1)-4 if p3=0{ p=0:if p5:p=2 hTheme=OpenThemeData(hwnd,"Window") //タイトルバー RECT=a1(0),a1(1),a1(2),a1(1)+p1 DrawThemeBackground hTheme,hdc,1,p,varptr(RECT) s=s1:RECT=a1(0)+5,a1(1),a1(2)-5,a1(1)+p1 syscolor 9 DrawText hdc,varptr(s),-1,varptr(RECT),32804 //ウィンドウの枠 RECT==a1(0),a1(1)+p1,a1(0)+p2,a1(3) DrawThemeBackground hTheme,hdc,7,p,varptr(RECT)//左 RECT=a1(2)-p2,a1(1)+p1,a1(2),a1(3) DrawThemeBackground hTheme,hdc,8,p,varptr(RECT)//右 RECT=a1(0),a1(3)-p2,a1(2),a1(3) DrawThemeBackground hTheme,hdc,12,p,varptr(RECT)//下 CloseThemeData hTheme }else:if p3=1{ //タイトルバー if p5:color 0,0,128:else:color 0,0,255//タイトルバーの色 RECT=a1(0),a1(1),a1(2),a1(1)+p1 boxf RECT(0),RECT(1),RECT(2),RECT(3) s=s1:RECT=a1(0)+5,a1(1),a1(2)-5,a1(1)+p1 color 255,255,255//タイトルバーの文字色 DrawText hdc,varptr(s),-1,varptr(RECT),32804 //ウィンドウの枠 if p5:color 0,0,128:else:color 0,0,255//ウィンドウの枠の色(左) RECT==a1(0),a1(1)+p1,a1(0)+p2,a1(3) boxf RECT(0),RECT(1),RECT(2),RECT(3)//左 if p5:color 0,0,128:else:color 0,0,255//ウィンドウの枠の色(右) RECT=a1(2)-p2,a1(1)+p1,a1(2),a1(3) boxf RECT(0),RECT(1),RECT(2),RECT(3)//右 if p5:color 0,0,128:else:color 0,0,255//ウィンドウの枠の色(下) RECT=a1(0),a1(3)-p2,a1(2),a1(3) boxf RECT(0),RECT(1),RECT(2),RECT(3)//下 } return #global //上位ワード/下位ワード切り出しマクロ #define ctype LOWORD(%1) (%1 & 0xFFFF) #define ctype HIWORD(%1) (%1 >> 16 & 0xFFFF) buffer 10//ウィンドウ内に表示する画像 font "MS Gothic",25,2 color 255,10,10 mes "仮想OS" buffer 11//ウィンドウ内に表示する画像 font "MS Gothic",25,2 color 0,0,0:boxf color 255,10,10 mes "仮想OS" screen 0 //上位ワードにY座標、下位ワードにX座標 TitleBarY=30//タイトルバーの高さ WindowPos=(0&0xFFFF)|(0<<16)//ウィンドウの位置 WindowSize=(200&0xFFFF)|(200<<16)//ウィンドウの大きさ WindowTheme=0//ウィンドウテーマ(1にするとクラシック風) ActiveWindow=0//アクティブウィンドウID MaxWindow=1 objsize 100,30 button gosub "ウィンドウ追加",*AddWindow button gosub "テーマ切り替え",*ChangeWindowTheme gosub *DrawWindow oncmd gosub *OnLButtonDown,0x0201 oncmd gosub *OnLButtonUp,0x0202 oncmd gosub *OnMouseMove,0x0200 stop *OnLButtonDown //アクティブウィンドウから処理を始める WindowStartPos=mousex-LOWORD(WindowPos(ActiveWindow)),mousey-HIWORD(WindowPos(ActiveWindow)) x1=WindowStartPos(0) y1=WindowStartPos(1) x2=LOWORD(WindowSize(ActiveWindow)) if x1>=0 & y1>=0 & x1<=x2 & y1<=TitleBarY{ DropFlag=ActiveWindow+1 ActiveWindow=ActiveWindow return } //非アクティブウィンドウ repeat MaxWindow WindowStartPos=mousex-LOWORD(WindowPos(cnt)),mousey-HIWORD(WindowPos(cnt)) x1=WindowStartPos(0) y1=WindowStartPos(1) x2=LOWORD(WindowSize(cnt)) if x1>=0 & y1>=0 & x1<=x2 & y1<=TitleBarY{ DropFlag=cnt+1 ActiveWindow=cnt break } loop return *OnLButtonUp DropFlag=0 return *OnMouseMove if DropFlag=0:return WndID=DropFlag-1 WindowPos(WndID)=((mousex-WindowStartPos(0))&0xFFFF)|((mousey-WindowStartPos(1))<<16) gosub *DrawWindow redraw return *DrawWindow redraw 0 color 255,255,255:boxf repeat MaxWindow //ウィンドウ情報取得 RECT(0)=LOWORD(WindowPos(cnt)) RECT(1)=HIWORD(WindowPos(cnt)) RECT(2)=LOWORD(WindowPos(cnt))+LOWORD(WindowSize(cnt)) RECT(3)=HIWORD(WindowPos(cnt))+HIWORD(WindowSize(cnt)) syscolor 15 font "Meiryo",12,1 DrawWindowFrame RECT,30,5,WindowTheme,"ウィンドウ "+cnt,11,1 loop //アクティブウィンドウ処理 RECT(0)=LOWORD(WindowPos(ActiveWindow)) RECT(1)=HIWORD(WindowPos(ActiveWindow)) RECT(2)=LOWORD(WindowPos(ActiveWindow))+LOWORD(WindowSize(ActiveWindow)) RECT(3)=HIWORD(WindowPos(ActiveWindow))+HIWORD(WindowSize(ActiveWindow)) syscolor 15 font "Meiryo",12,1 DrawWindowFrame RECT,30,5,WindowTheme,"ウィンドウ "+ActiveWindow,11,0 redraw 1 return *AddWindow MaxWindow++ x+20 y+20 WindowPos(MaxWindow-1)=(x&0xFFFF)|(y<<16)//ウィンドウの位置 WindowSize(MaxWindow-1)=(200&0xFFFF)|(200<<16)//ウィンドウの大きさ ActiveWindow=MaxWindow-1 gosub *DrawWindow return *ChangeWindowTheme WindowTheme^1 gosub *DrawWindow return



kanamaru

リンク

2016/4/21(Thu) 16:41:15|NO.75278

InoueSoftwearさんに対抗して、OSもどき補助モジュール(?)
を作ってみました。

#module #uselib "kernel32.dll" #func CloseHandle "CloseHandle" int #cfunc CreateMutex "CreateMutexA" int, int, sptr #cfunc GetLastError "GetLastError" #define ERROR_ALREADY_EXISTS 183 #define MUTEX_NAME "HSP_WinAPI_Test_Mutex" #defcfunc AlreadyAppRunning if (hMutex == 0) { hMutex = CreateMutex(0, 0, MUTEX_NAME) if (GetLastError() == ERROR_ALREADY_EXISTS) { alreadyRunning = 1 } else { alreadyRunning = 0 } } return alreadyRunning #deffunc CleanupAppRunChecker onexit if (hMutex != 0) { CloseHandle hMutex hMutex = 0 } return #global #module #uselib "user32" #defcfunc gethwnd int i nowid = ginfo(3) gsel i ret = hwnd gsel nowid return ret #func SetParent "SetParent" int, int #deffunc setchild int hnd SetParent gethwnd(hnd), gethwnd(0) return #deffunc screen2 int id,int x,int y,int type,int x2,int y2,int x3,int y3 screen id,x,y,type,x2,y2,x3,y3 setchild id return #global #undef screen #define screen(%1=0,%2=640,%3=480,%4=0,%5=-1,%6=-1,%7=ginfo_sx,%8=ginfo_sy) screen2 %1,%2,%3,%4,%5,%6,%7,%8:oncmd *virtual_os_saisyouka,0x5 if (AlreadyAppRunning()) { end } onexit gosub *virtual_os_exit bgscr 0,ginfo(20),ginfo(21),,0,0 //ここにソースを好きに入れる。sdreen命令でID0以外は自動dせ子ウィンドウになります。 screen 1 stop *virtual_os_exit if(ginfo_act=0):end gsel ginfo_act,-1 return *virtual_os_saisyouka if(wparam=1){ gsel ginfo_act,-1 //ここに独自タスクバーへの格納処理を入れる。ginfo_actに最小化したウィンドウIDが入っています。 }



kanamaru

リンク

2016/4/21(Thu) 16:44:13|NO.75279

訂正で、一個目にコメントのsdreenはscreenで、
その次の行のscreen 1は消してください(testソースが残ってました。)



b

リンク

2016/4/22(Fri) 21:50:31|NO.75294

OSもどきだとサブルーチンかオブジェクトライクなコードのほうが作りやすいと思われ



Cheesehamburg7273

リンク

2016/4/24(Sun) 12:02:27|NO.75303

返信遅れてすいません
とりあえず今、できている機能は

・オーディオプレーヤー
・画像ビューア
・テキストエディタ

OSもどきの機能
・マルチタスクのウィンドウ(SetParent)
・スタートボタン

ここでまた質問なんですけどデスクトップのアイコン(マイコンピュータとか)
を作ったんですけど移動させたりダブルクリック判定させるのはどうすればいいでしょうか...


bgscr 0,1280,800,0,0,0 *draw gradf 0,0,1280,400,1,$000000,$0000BC gradf 0,400,1280,400,1,$0000BC,$000000 color 0,0,0:boxf X,Y,X+30,Y+30 onclick *move stop *move repeat color 255,255,255:boxf X,Y,X+30,Y+30 X=mouseX Y=mouseY color 0,0,0:boxf X,Y,X+30,Y+30 wait 1 getkey left,1 if left==0 :break loop goto*draw
一応、作ってみたんですけど移動させた時に背景がboxf命令で潰されてしまうので
何かいい策ありますかねぇ...



InoueSoftwear

リンク

2016/4/24(Sun) 15:21:00|NO.75306

こういう感じかな?
機能

■右クリックでアイコン追加します。
 (要らなければ、[if wparam=2:gosub *dsktpiconAdd]を消すとOK)
■ドラッグ時の半透明画像も表示できるようにした。
■アイコンの名前を表示できるようにした。
■ダブルクリック時のアイコンID判定もできるようにした。
 (アイコン9をダブルクリックすると終了する。要らなければ、[if index=9:end]を消すとOK)
■全画面で表示できるようにした。

#include "user32.as"
#define ctype InCursor(%1,%2,%3,%4,%5,%6) %1>=%3 & %2>=%4 & %1<=%5 & %2<=%6 //上位ワード/下位ワード切り出しマクロ #define ctype LOWORD(%1) (%1 & 0xFFFF) #define ctype HIWORD(%1) (%1 >> 16 & 0xFFFF) #define ctype LHWRITE(%1,%2) (%1&0xFFFF)|(%2<<16) IconSX=32:IconSY=32//アイコンの大きさ ScreenSX=ginfo(20):ScreenSY=ginfo(21)//スクリーンの大きさ //上位ワードにY座標、下位ワードにX座標 dim IconPos,0//アイコンの位置 sdim IconName,,0//アイコンの名前 dim IconMax,0//アイコンの個数 dim IconImageID,0//アイコンの画像ID bgscr 0,ScreenSX,ScreenSY,0,0,0 GetClassLong hwnd, -26 SetClassLong hwnd, -26, stat | 0x8//ダブルクリックイベントを受け取れる様にウィンドウクラスをいじる。 onclick *move//クリックイベント oncmd gosub *dblclk,0x0203//ダブルクリックイベント repeat 10//とりあえず9個アイコンを付ける gosub *dsktpiconAdd loop stop *move//クリックイベント if wparam=1{ index=-1 repeat IconMax X=LOWORD(IconPos(cnt)) Y=HIWORD(IconPos(cnt)) if InCursor(mousex,mousey,X,Y,X+IconSX,Y+IconSY){ index=cnt } loop if index!-1{ _X=LOWORD(IconPos(index)) _Y=HIWORD(IconPos(index)) __X=mousex-_X __Y=mousey-_Y repeat redraw 0//ちらつきをなくす MX=mouseX-__X MY=mouseY-__Y if MX<0:MX=0 if MY<0:MY=0 if MX+IconSY>ScreenSX:MX=ScreenSX-IconSY if MY+IconSY>ScreenSY:MY=ScreenSY-IconSY gosub *dsktp gosub *dsktpicon gmode 3,IconSX,IconSY,128 //ドラッグ中のアイコン描画 pos MX,MY:gcopy IconImageID(index) RECT=MX-10,MY+IconSY,MX+IconSX+10,MY+IconSY+14 s=IconName(index) sysfont 17:color 255,255,255 DrawText hdc,varptr(s),-1,varptr(RECT),32809 redraw 1 wait 1 getkey left,1 if left==0 :break loop gosub *dsktp IconPos(index)=LHWRITE(MX,MY)//アイコンの位置 gosub *dsktpicon redraw } } if wparam=2:gosub *dsktpiconAdd stop *dblclk//ダブルクリックイベント if wparam=1{ index=-1 repeat IconMax X=LOWORD(IconPos(cnt)) Y=HIWORD(IconPos(cnt)) if InCursor(mousex,mousey,X,Y,X+IconSX,Y+IconSY){ index=cnt } loop dialog "index="+index if index=9:end//9番のアイコンを押すと終了 } return *dsktp gsel 0 gradf 0,0,ScreenSX,ScreenSY/2,1,$000000,$0000BC gradf 0,ScreenSY/2,ScreenSX,ScreenSY/2,1,$0000BC,$000000 return *dsktpicon gsel 0 repeat IconMax X=LOWORD(IconPos(cnt)) Y=HIWORD(IconPos(cnt)) gmode 0,IconSX,IconSY,256 pos X,Y:gcopy IconImageID(cnt) RECT=X-10,Y+IconSY,X+IconSX+10,Y+IconSY+14 s=IconName(cnt) sysfont 17:color 255,255,255 DrawText hdc,varptr(s),-1,varptr(RECT),32809 loop return *dsktpiconAdd buffer 10+IconMax,IconSX,IconSY//アイコンの画像を作成 color 255,255,255:boxf color 0,0,0:font "MS Gothic",IconSY RECT=0,0,IconSX,IconSY:s=""+IconMax DrawText hdc,varptr(s),-1,varptr(RECT),32805//とりあえず番号を表示 gsel 0 //アイコンの情報を設定 IconPos(IconMax)=LHWRITE(10,IconMax*IconSY+(16*IconMax)+10)//アイコンの位置 IconName(IconMax)="Icon"+strf("(%d)",IconMax)//アイコンの名前 IconImageID(IconMax)=10+IconMax//アイコンの画像ID IconMax++//アイコンの個数を1増やす //描画 gosub *dsktp gosub *dsktpicon redraw return



Cheesehamburg7273

リンク

2016/4/24(Sun) 15:45:57|NO.75307

ありがとうございました!!!
思ってたよりかなり理想に近いです!!!(いや、理想以上かな?)



Cheesehamburg7273

リンク

2016/4/24(Sun) 16:11:20|NO.75308

いろいろ改造してみたんですけど
とあるページの右クリックメニューの項目をみて
「(゚∀゚)KOREDA!!!」とおもって"作成"項目と"削除"項目をつけてみたんですけどなぜか
"削除"を押しても無反応なんです。
改善策を教えていただけると光栄です。無知ですいません。


#include "user32.as" #define ctype InCursor(%1,%2,%3,%4,%5,%6) %1>=%3 & %2>=%4 & %1<=%5 & %2<=%6 //上位ワード/下位ワード切り出しマクロ #define ctype LOWORD(%1) (%1 & 0xFFFF) #define ctype HIWORD(%1) (%1 >> 16 & 0xFFFF) #define ctype LHWRITE(%1,%2) (%1&0xFFFF)|(%2<<16) // ポップアップメニューの表示サンプルソース (by Kpan) // (注) エディタの[HSP]メニュー→[HSP拡張マクロを使用する]を要有効。 ; 項目ID #enum IDM_ITEM1 = 1 #enum IDM_ITEM2 #enum IDM_ITEM3 #enum IDM_ITEM4 ; マウスをクリックした時 ; あるいはWM_CONTEXTMENU ; oncmd gosub *onjump, $7B onexit *exit ; <サブのポップアップメニュー> ; サブメニューを作成し、ハンドルを取得 CreatePopupMenu hMenu.0 = stat ; <メインのポップアップメニュー> ; メインのポップアップメニューを作成し、ハンドルを取得 CreatePopupMenu hMenu.1 = stat AppendMenu hMenu.1, 0, IDM_ITEM1, "作成" ; 第2パラを$800にするとセパレータ(区切り線)になる。 AppendMenu hMenu.1, 0, IDM_ITEM2, "削除" ; 第2パラメータを$10にするとサブメニューへ。 goto*stt *exit ; どこのウィンドウにも張り付いていないメニューは明示的に破棄 DestroyMenu hMenu.1 end *stt IconSX=32:IconSY=32//アイコンの大きさ ScreenSX=ginfo(20):ScreenSY=ginfo(21)//スクリーンの大きさ //上位ワードにY座標、下位ワードにX座標 dim IconPos,0//アイコンの位置 sdim IconName,,0//アイコンの名前 dim IconMax,0//アイコンの個数 dim IconImageID,0//アイコンの画像ID bgscr 0,ScreenSX,ScreenSY,0,0,0 GetClassLong hwnd, -26 SetClassLong hwnd, -26, stat | 0x8//ダブルクリックイベントを受け取れる様にウィンドウクラスをいじる。 onclick gosub*move//クリックイベント oncmd gosub *dblclk,0x0203//ダブルクリックイベント repeat 10//とりあえず9個アイコンを付ける gosub *dsktpiconAdd loop stop *move//クリックイベント if wparam=1{ index=-1 repeat IconMax X=LOWORD(IconPos(cnt)) Y=HIWORD(IconPos(cnt)) if InCursor(mousex,mousey,X,Y,X+IconSX,Y+IconSY){ index=cnt } loop if index!-1{ _X=LOWORD(IconPos(index)) _Y=HIWORD(IconPos(index)) __X=mousex-_X __Y=mousey-_Y repeat redraw 0//ちらつきをなくす MX=mouseX-__X MY=mouseY-__Y if MX<0:MX=0 if MY<0:MY=0 if MX+IconSY>ScreenSX:MX=ScreenSX-IconSY if MY+IconSY>ScreenSY:MY=ScreenSY-IconSY gosub *dsktp gosub *dsktpicon gmode 3,IconSX,IconSY,128 //ドラッグ中のアイコン描画 pos MX,MY:gcopy IconImageID(index) RECT=MX-10,MY+IconSY,MX+IconSX+10,MY+IconSY+14 s=IconName(index) sysfont 17:color 255,255,255 DrawText hdc,varptr(s),-1,varptr(RECT),32809 redraw 1 wait 1 getkey left,1 if left==0 :break loop gosub *dsktp IconPos(index)=LHWRITE(MX,MY)//アイコンの位置 gosub *dsktpicon redraw } } if wparam = 2 { ; ポップアップメニュー表示。第1パラに開くメニューのハンドル TrackPopupMenu hMenu.1, $100, ginfo(0), ginfo(1), 0, hwnd, 0 if stat = 0 : return ; 選択キャンセル ; statにメニュー項目ID if stat==1 :gosub*dsktpiconAdd if stat==2 :gosub*dsktpicondlt return } return stop *dblclk//ダブルクリックイベント if wparam=1{ index=-1 repeat IconMax X=LOWORD(IconPos(cnt)) Y=HIWORD(IconPos(cnt)) if InCursor(mousex,mousey,X,Y,X+IconSX,Y+IconSY){ index=cnt } loop if index==-1 :return dialog "index="+index if index==9:end//9番のアイコンを押すと終了 } return *dsktp gsel 0 gradf 0,0,ScreenSX,ScreenSY/2,1,$000000,$0000BC gradf 0,ScreenSY/2,ScreenSX,ScreenSY/2,1,$0000BC,$000000 return *dsktpicon gsel 0 repeat IconMax X=LOWORD(IconPos(cnt)) Y=HIWORD(IconPos(cnt)) gmode 0,IconSX,IconSY,256 pos X,Y:gcopy IconImageID(cnt) RECT=X-10,Y+IconSY,X+IconSX+10,Y+IconSY+14 s=IconName(cnt) sysfont 17:color 255,255,255 DrawText hdc,varptr(s),-1,varptr(RECT),32809 loop return *dsktpiconAdd buffer 10+IconMax,IconSX,IconSY//アイコンの画像を作成 color 255,255,255:boxf color 0,0,0:font "MS Gothic",IconSY RECT=0,0,IconSX,IconSY:s=""+IconMax DrawText hdc,varptr(s),-1,varptr(RECT),32805//とりあえず番号を表示 gsel 0 //アイコンの情報を設定 IconPos(IconMax)=LHWRITE(10,IconMax*IconSY+(16*IconMax)+10)//アイコンの位置 IconName(IconMax)="Icon"+strf("(%d)",IconMax)//アイコンの名前 IconImageID(IconMax)=10+IconMax//アイコンの画像ID IconMax++//アイコンの個数を1増やす //描画 gosub *dsktp gosub *dsktpicon redraw return *dsktpicondlt iconmax-1 index=-1 repeat IconMax X=LOWORD(IconPos(cnt)) Y=HIWORD(IconPos(cnt)) if InCursor(mousex,mousey,X,Y,X+IconSX,Y+IconSY){ index=cnt } loop if index==-1 :return indexmax-1 gosub *dsktp gosub *dsktpicon redraw 1 return



InoueSoftwear

リンク

2016/4/25(Mon) 12:32:40|NO.75314

こんな感じですかね。
削除の仕組みは、スクリプトを見ていただくとわかると思います。
あと、メニューはサンプルからコピペしたのだと思いますが、
ラベルの位置は、一番最後に貼り付けても問題ありません。(ラベル *exit)
(途中に突っ込むと、訳が分からなくなる場合があります。)

機能
■アイコンの背景部分を透明にする事が可能
■ほかのウィンドウを仮想OS画面に埋め込む事が可能(SetParent_VOS命令)
■削除が可能
■アイコンの上にカーソルが乗った状態か否かで、メニューを切り替えることが可能

あとは、工夫次第で良い感じになると思います。

#include "user32.as" #include "shell32.as" #define ctype InCursor(%1,%2,%3,%4,%5,%6) %1>=%3 & %2>=%4 & %1<=%5 & %2<=%6 //上位ワード/下位ワード切り出しマクロ #define ctype LOWORD(%1) (%1 & 0xFFFF) #define ctype HIWORD(%1) (%1 >> 16 & 0xFFFF) #define ctype LHWRITE(%1,%2) (%1&0xFFFF)|(%2<<16) // ポップアップメニューの表示サンプルソース (by Kpan) // (注) エディタの[HSP]メニュー→[HSP拡張マクロを使用する]を要有効。 //項目ID #enum IDM_DIADD = 100 #enum IDM_DIDEL //コンテキストメニュー作成 onexit *exit//終了時に*exitへ飛ぶようにする。 CreatePopupMenu//アイコンがホット状態であるメニュー hMenu.2 = stat AppendMenu hMenu.2, 0, IDM_DIADD, "作成" AppendMenu hMenu.2, 0, IDM_DIDEL, "削除" CreatePopupMenu//アイコンがホット状態でないメニュー hMenu.1 = stat AppendMenu hMenu.1, 0, IDM_DIADD, "作成" //親メニューを作り、メニューをまとめて終了時に削除する //(親を削除すると、子も自動的に削除される機能を応用) CreatePopupMenu hMenu.0 = stat AppendMenu hMenu.0, 0x10, hMenu.1, "" AppendMenu hMenu.0, 0x10, hMenu.2, "" IconSX=32:IconSY=32//アイコンの大きさ ScreenSX=ginfo(20):ScreenSY=ginfo(21)//スクリーンの大きさ buffer 5//ファイルのアイコン1 color 255,0,255:boxf//桃色は透明色 //ここにアイコンを描画する命令を書き込む //とりあえずシステムのアイコンを描画 //▼▼▼ filename = "SHELL32.dll":hIcon=0:IconIndex=12//シェルから取り出す ExtractIconEx varptr(filename),IconIndex,varptr(hIcon),0,1 DrawIconEx hdc,0,0,hIcon,IconSX,IconSY,0,0,3//アイコン描画 DestroyIcon hIcon //▲▲▲ buffer 6//ファイルのアイコン2 color 255,0,255:boxf//桃色は透明色 //ここにアイコンを描画する命令を書き込む //とりあえずシステムのアイコンを描画 //▼▼▼ filename = "SHELL32.dll":hIcon=0:IconIndex=27//シェルから取り出す ExtractIconEx varptr(filename),IconIndex,varptr(hIcon),0,1 DrawIconEx hdc,0,0,hIcon,IconSX,IconSY,0,0,3//アイコン描画 DestroyIcon hIcon //▲▲▲ //アイコン情報変数初期化 //上位ワードにY座標、下位ワードにX座標 dim IconPos,0//アイコンの位置 sdim IconName,,0//アイコンの名前 dim IconMax,0//アイコンの個数 dim IconImageID,0//アイコンの画像ID dim IconOID,0 //仮想OSデスクトップ画面 bgscr 0,ScreenSX,ScreenSY,2,0,0 title "" GetClassLong hwnd, -26 SetClassLong hwnd, -26, stat | 0x8//ダブルクリックイベントを受け取れる様にウィンドウクラスをいじる。 GetWindowLong hwnd, -20 SetWindowLong hwnd, -20,stat | 0x80 onclick gosub*move//クリックイベント oncmd gosub *dblclk,0x0203//ダブルクリックイベント gsel 0,1 PdsktpiconAdd "見知らぬファイル.txt",5,-1,100//アイコン追加 PdsktpiconAdd "メモ帳",5,-1,101//アイコン追加 PdsktpiconAdd "終了",6,-1,102//アイコン追加 stop *move//クリックイベント if wparam=1{ index=GetHotIconIndex() if index!-1{ _X=LOWORD(IconPos(index)) _Y=HIWORD(IconPos(index)) __X=ginfo(0)-ginfo(4)-_X __Y=ginfo(1)-ginfo(5)-_Y repeat redraw 0//ちらつきをなくす MX=ginfo(0)-ginfo(4)-__X MY=ginfo(1)-ginfo(5)-__Y if MX<0:MX=0 if MY<0:MY=0 if MX+IconSY>ScreenSX:MX=ScreenSX-IconSY if MY+IconSY>ScreenSY:MY=ScreenSY-IconSY gosub *dsktp gosub *dsktpicon gmode 4,IconSX,IconSY,128 //ドラッグ中のアイコン描画 color 255,0,255//桃色を透明色にする pos MX,MY:gcopy IconImageID(index) RECT=MX-10,MY+IconSY,MX+IconSX+10,MY+IconSY+(14*2) s=IconName(index) sysfont 17:color 255,255,255 DrawText hdc,varptr(s),-1,varptr(RECT),40985 redraw 1 wait 1 getkey left,1 if left==0 :break loop gosub *dsktp IconPos(index)=LHWRITE(MX,MY)//アイコンの位置 gosub *dsktpicon redraw } } if wparam = 2 { p=hMenu.2 index=GetHotIconIndex() if index=-1:p=hMenu.1//デスクトップの背景で右クリック TrackPopupMenu p, $100, ginfo(0), ginfo(1), 0, hwnd, 0//ポップアップメニュー表示 if stat = 0 : return //wIDにメニュー項目ID wID=stat if wID=IDM_DIADD :goto *dsktpiconAdd if wID=IDM_DIDEL :Pdsktpicondlt index:goto *rf_dsktp return } return stop *dblclk//ダブルクリックイベント if wparam=1{ index=GetHotIconIndex() if index==-1 :return id=GetIconIndexToID(index) //indexにアイコンインデックス //idにアイコンID if id==100{ if IconName(index)!"知っているファイル.txt"{ IconName(index)="知っているファイル.txt"//アイコン名変更 gosub *rf_dsktp dialog "\"見知らぬファイル.txt\"を\"知っているファイル.txt\"に変更しました。" }else:dialog "\"知っているファイル.txt\"に変更されています。" return } if id==101{ gsel 0 exec "notepad" SetParent_VOS "Notepad","無題 - メモ帳"//ウィンドウを自分のものにする return } if id==102:goto *exit//idが102だった時に終了する } return *rf_dsktp////デスクトップとアイコン描画 gosub *dsktp gosub *dsktpicon redraw return *dsktp//デスクトップ描画 gsel 0 gradf 0,0,ScreenSX,ScreenSY/2,1,$000000,$0000BC gradf 0,ScreenSY/2,ScreenSX,ScreenSY/2,1,$0000BC,$000000 return *dsktpicon//デスクトップアイコン描画 gsel 0 repeat IconMax if IconImageID(cnt)!-1{//-1以外を処理(-1は「削除済みだよ」のID) X=LOWORD(IconPos(cnt)) Y=HIWORD(IconPos(cnt)) gmode 4,IconSX,IconSY,256 color 255,0,255//桃色を透明色にする pos X,Y:gcopy IconImageID(cnt) RECT=X-10,Y+IconSY,X+IconSX+10,Y+IconSY+(14*2) s=IconName(cnt) sysfont 17:color 255,255,255 DrawText hdc,varptr(s),-1,varptr(RECT),40985 } loop return *dsktpiconAdd//デスクトップアイコン追加 buffer 10+IconMax,IconSX,IconSY//アイコンの画像を作成 color 255,255,255:boxf color 0,0,0:font "MS Gothic",IconSY RECT=0,0,IconSX,IconSY:s=""+IconMax DrawText hdc,varptr(s),-1,varptr(RECT),32805//とりあえず番号を表示 PdsktpiconAdd "Icon"+strf("(%d)",IconMax),10+IconMax,-1//アイコン追加 return #deffunc PdsktpiconAdd str s1,int p1,int p2,int p3//デスクトップアイコン追加命令 //s1 = アイコンの名前 //p1 = アイコンの画像ID //p2 = アイコンの位置(下位ワードにX座標、上位ワードにY座標) // -1で自動設定 //p3 = オリジナルID(自由に設定できる) gsel 0 //アイコンの情報を設定 if p2=-1:IconPos(IconMax)=LHWRITE(10,IconMax*IconSY+((16*2)*IconMax)+10)//アイコンの位置 if p2!-1:IconPos(IconMax)=p2 IconName(IconMax)=s1//アイコンの名前 IconImageID(IconMax)=p1//アイコンの画像ID IconOID(IconMax)=p3//アイコンのオリジナルID IconMax++//アイコンの個数を1増やす //描画 gosub *dsktp gosub *dsktpicon redraw return #deffunc Pdsktpicondlt int p1//デスクトップアイコン削除命令 //p1 = アイコンID(-1を指定するとカーソル下にあるアイコンを削除) _index=p1 if p1=-1{ _index=GetHotIconIndex() if _index=-1:return 1 } IconImageID(_index)=-1//アイコンを消す return 0 #defcfunc GetHotIconIndex//デスクトップアイコンインデックス取得関数 a=ginfo(3) gsel 0 _index=-1 repeat IconMax X=LOWORD(IconPos(cnt)) Y=HIWORD(IconPos(cnt)) MX=ginfo(0)-ginfo(4) MY=ginfo(1)-ginfo(5) if InCursor(MX,MY,X,Y,X+IconSX,Y+IconSY+(14*2)){ if IconImageID(cnt)!-1:_index=cnt } loop gsel a return _index #defcfunc GetIconIndexToID int p1//インデックスからIDを取得 return IconOID(p1) #deffunc SetParent_VOS str s1,str s2 //ウィンドウを自分のものにする //s1 = ウィンドウクラス //s2 = ウィンドウタイトル a=ginfo(3) gsel 0 FindWindow s1,s2:_hwnd=stat SetParent _hwnd,hwnd SetWindowLong _hwnd,-8,hwnd gsel a return *exit//終了処理 DestroyMenu hMenu.0//親メニューを削除 end



ONION software Copyright 1997-2021(c) All rights reserved.