HSPポータル
サイトマップ お問い合わせ


HSPTV!掲示板


未解決 解決 停止 削除要請

2013
0822
TOTOhsp3dishの実機による画像表示について4解決


TOTO

リンク

2013/8/22(Thu) 08:09:37|NO.56565

お世話になっております。

質問兼報告になります。
Xperia arc、Xperia NX、Xperia GX、Nexus 7の4機種で動作テストを行った時は正常に動作するのですが
ArrowsXLTEで動作テストをすると一部画像が表示されなくなります。

誠に勝手ながら、onion software様が開発した「ナンプレ一期一会」で例を出せて頂きます。

Xperia GX : http://livedoor.blogimg.jp/west38th/imgs/1/9/196f1def.png
Arrows X LTE : http://livedoor.blogimg.jp/west38th/imgs/0/6/06499a58.png

上記の症状は私と全く同じでした。
どうやらArrowsXLTEはbufferの数に制限があるように思えるのです。


buffer 1 : picload "aaaa.jpg" buffer 2 : picload "bbbb.jpg" buffer 3 : picload "ccccc.jpg" buffer 4 : picload "dddd.jpg" buffer 5 : picload "eeee.jpg"

上記のようなスクリプトであれば、
buffer 1、buffer 2、buffer 3は読み込まれるのですが、buffer 4移行は全て白い画像になります(エラーにはなりません)。

解決方法としては、全ての画像を1枚にまとめてbuffer 1のみを利用するという方法でした。

簡単なミニゲームでしたら、この方法でも良いのですが、
中規模クラスの開発になると、一部端末による画像サイズ2048の制限が出てきて辛くなるな…と思っています。

bufferの数を減らす以外に何か良い解決方法がありましたら、よろしくお願いします。



この記事に返信する


FunnyMaker

リンク

2013/8/22(Thu) 21:01:28|NO.56579

原因については、hsp3dish側か、もしくは端末側にあるでしょうね。
私も、手持ちのandroidタブレットとandroid搭載携帯電話で、許可されるメモリの使用量の差を
感じたことがあります。勿論、タブレットの勝ちでした。

ここでは、原因が端末側にあると仮定した場合の対策を提案させていただきます。
といっても、私自身が効果を確認したことが無い方法ですので、うまくいかないかもしれないことを
事前にご了承ください。


 android3.0以降では、「AndroidManifest.xml」の
 <application> に
 android:largeHeap="true"
 という行を書き加えれば、ヒープ(使用できるメモリ量)を256MBまで拡張できる


...と、思われます。hsp3dish関連の記事ではありませんが、一般的な方法でandroidアプリを開発している
方々がメモリリークに悩んでいる時にやるそうです。
ヒープには2種類あるようです。Linuxヒープ(Javaヒープ)とDalvikヒープだそうです。Dalvikの親方はLinuxヒープのようです。
上記の方法ではDalvikヒープの上限をあげられるようです。

これがdishで効くかどうか怪しいですが、試してみてもよいかと思います。



TOTO

リンク

2013/8/23(Fri) 06:24:09|NO.56601

FunnyMaker様

お返事を頂きありがとうございます。

早速試してみましたが解決には至りませんでした。
やはり、buffer 3以上は読み込めませんでした。



エル

リンク

2013/8/23(Fri) 13:15:55|NO.56605

私も全く同じ現象が発生しています。
バッファーが3画面分までしか使えないので3画面以内に納めれば問題ありませんでした。
1枚の画像に複数の画像を繋ぎあわせて座標指定でコピーすれば3つ以上の画像を取り扱うことが出来ます。



TOTO

リンク

2013/8/24(Sat) 11:01:39|NO.56625

エル様

やはり3画面分しか使えないみたいですね。

画像の繋ぎ合わせは既にやっているのですが、celload、picloadの2048x2048と言う制限がキツいのでバッファの制限がどうにかならないかな? と思った次第です。

とりあえず、現状では無理そうなので
2048x2048を3画面分ということを意識して作って行きたいと思います。

ありがとうございました。



ONION software Copyright 1997-2018(c) All rights reserved.