HSPポータル
サイトマップ お問い合わせ


HSPTV!掲示板


未解決 解決 停止 削除要請

2009
1017
the peopleHSPでウィンドウのないプログラムは不可能なのでしょうか?7解決


the people

リンク

2009/10/17(Sat) 22:01:03|NO.28349

デスクトップマスコットを作ろうと思うのですが、動きは前にゲームを作る時に大体覚えているので
問題無いのですが、ウィンドウはどうしたら消せるのでしょうか?



この記事に返信する


tsuka

リンク

2009/10/17(Sat) 22:23:15|NO.28350

gsel ウィンドウID, -1



tsuka

リンク

2009/10/17(Sat) 22:25:04|NO.28352

と、少しだけ表示されてしまうのを防ぐには、
#packopt hide 1
と書いておきましょう。

(それにしてもウィンドウのないデスクトップマスコットとは一体・・・?



the people

リンク

2009/10/17(Sat) 22:27:01|NO.28354

ありがとうございました。



荒川軒持

リンク

2009/10/18(Sun) 01:02:38|NO.28366

おそらく枠の無いウィンドウの事を指していたと思われ・・・
あるいはタスクトレイアイコンでやるとか?
>(それにしてもウィンドウのないデスクトップマスコットとは一体・・・?



珠後

リンク

2009/10/18(Sun) 01:36:12|NO.28367

多分マスコット用のウィンドウの作成中に
ScreenID(0)のウィンドウが出現するのを避けたかったのでは?



GENKI

リンク

2009/10/18(Sun) 18:41:33|NO.28387

> ありがとうございました。

解決したのかな?

ウィンドウ = キャラクターの背景部分
ということなのではないかとおもた。

この場合、不定形リージョンで解決できるはずです。
http://hspdev-wiki.net/?%C9%D4%C4%EA%B7%C1%A5%EA%A1%BC%A5%B8%A5%E7%A5%F3

デスクトップマスコットはキャラクターの形をしたウィンドウにキャラクター画像が描画されています。



ANTARES

リンク

2009/10/19(Mon) 11:48:31|NO.28415

>この場合、不定形リージョンで解決できるはずです。
 画像は0.png〜7.png
http://navy.if.land.to/archive/index.html
のヴィイとかをダウンロードしてください。
拡張子が「.nar」になっていますが、zip形式です。


;参考URL1 ぷまさん ;http://fs-cgi-basic01.freespace.jp/~hsp/ver3/hsp3.cgi?print+200511/05110007.txt ;参考URL2 ちょくとさん ;http://yokohama.cool.ne.jp/chokuto/urawaza/mcn/bmprgn2.html #include "hspcv.as" #uselib "kernel32.dll" // マシン語実行用メモリ確保 #func global VirtualProtect "VirtualProtect" var, int, int, var #define global mdim(%1,%2)dim %1,%2 :VirtualProtect %1,(%2)*4,$40,AZSD #module "Region" #deffunc SetRgn // [フルカラー専用Ver1.0] 左上の色が透過色になります。 stat : 失敗0 成功0以外 #uselib "user32" ; 使用するWin32API関数 #cfunc global SetWindowRgn "SetWindowRgn" int, int, int #uselib "gdi32" #func global DeleteObject "DeleteObject" int #func global ExtCreateRegion "ExtCreateRegion" int, int, int #func global CombineRgn "CombineRgn" int, int, int, int pget 0,0 : c= (ginfo_b<<16) | (ginfo_g<<8) | ginfo_r : if rgn=0 { mdim rgn,77 pf=varptr.rgn, varptr.ExtCreateRegion, varptr.CombineRgn, varptr.DeleteObject rgn. 0= $81EC8B55,$000FCCEC,$57565300,$8B087D8B,$778B0447,$40048D08,$8303488D rgn. 7= $DB33FCE1,$D02BD18B,$F1AF0F4E,$21147703,$FFF03C9D,$F85D89FF,$89FC5D89 rgn.14= $85C7F455,$FFFFF034,$00000020,$F03885C7,$0001FFFF,$BD810000,$FFFFF03C rgn.21= $000000FA,$5F3B0573,$8D3A7C08,$FFF03485,$C06850FF,$6A00000F,$1055FF00 rgn.28= $75FF026A,$084589F8,$55FF5050,$F875FF14,$8B1855FF,$A5830845,$FFFFF03C rgn.35= $085F3B00,$0FF84589,$0000928D,$4EB60F00,$8AC03302,$01468A26,$0B08E0C1 rgn.42= $0C453BC1,$858B5374,$FFFFF03C,$C1FC4D8B,$85FF04E0,$FFFFF03C,$5405848D rgn.49= $89FFFFF0,$01538D08,$04588941,$890C5089,$1EEBFC4D,$0556B60F,$C683C933 rgn.56= $8A2E8A03,$E1C1014E,$3BCA0B08,$0B740C4D,$8BFC45FF,$4F3BFC4D,$8BDD7504 rgn.63= $4889FC4D,$04478B08,$FF03C683,$4539FC45,$3B8C0FFC,$8BFFFFFF,$6583F44D rgn.70= $048D00FC,$F7E0D140,$03C82BD9,$23E943F1,$5FFFFFFF,$C2C95B5E,$00000014} mref bm,67 ;: c= $FFFFFF ;色を指定 prm=varptr.bm,c,pf.1,pf.2,pf.3:return SetWindowRgn(hwnd,callfunc(prm,pf,5),1) #global /************************************************************************/ onclick *move p=0 ; 0=フルカラー:1=パレットモード repeat 8 gsel 0: title ""+cnt+"/8" file=""+cnt+".png" cvload file,cnt cvgetinfo wid,cnt,CVOBJ_INFO_SIZEX cvgetinfo heit,cnt,CVOBJ_INFO_SIZEY buffer cnt+2,wid,heit cvgetimg cnt loop screen 0,1,1,1,ginfo_dispx :gsel 0,-1 bgscr 11,wid,heit id=2 *l_loop repeat: wait 8 redraw 0 pos 0,0 gcopy id,0,0,wid,heit SetRgn // 透過ウィンドウ redraw id++: if id>9: id=2 loop *move if iparam=3 : wait 20 :end ;右クリックで終了 sendmsg hwnd ,$a1,2,z goto *l_loop



ONION software Copyright 1997-2021(c) All rights reserved.